MENU
らけ
ガジェット大好きエンジニア
元々ネットワークエンジニアでしたが、残業と出張だらけの生活が嫌になりプログラミングを勉強して転職。
現在は在宅ワークでプログラマとして働いています。

Apple製品・ガジェット・家電が好きなので、実際に使ってみたレビュー記事をメインに書いてます。
\ 楽天スーパーセール開催中! /

【iPhone 14 Proレビュー】iPhone 12 Proから買い替えた感想【比較あり】

【iPhone 14 Proレビュー】iPhone 12 Proから買い替えた感想【比較】

iPhone 12 Proを使い始めて気がつけば2年が経過しようとしてます。

私は携帯キャリアで買っているため、半額で使うことができる代わりに2年で機種変をする必要があります。

そのため、今まで使っていたiPhone 12 Proから新しく発売されたiPhone 14 Proへと機種変更しました!

今回のiPhone 14 Proでは、今までにない新たな機能が追加されました。

Dynamic Island常時画面表示です。

どちらも気になっていた機能だったので、これら機能を含めてiPhone 14 Proを使ってみた感想についてご紹介します。

らけ

同じようにiPhone 12シリーズからの買い替えを検討している方はぜひ参考にしてください!

タップできる目次

iPhone 14 Proの外観

まずiPhone 14 Proの外観です。

iPhone 14 Proの表面

iPhone 12 Proはノッチでしたが、iPhone 14 Proからはパンチホールになりました。

らけ

結構大きな変更点です。

色はディープパープル。

写真にするとどうしても色味が少し変わってしまい伝わりづらいかもしれませんが、思った以上にいい色でした。

iPhone 14 Proの裏面

かなりカメラの大きさが目立ちますよね。

このカメラ、幅が大きいだけでなく厚みもあります。

置いてみると一目瞭然。

らけ

カメラでかなりの角度が付いてしまいます。

ケースなどで保護がないと、カメラ部分がガンガン机に当たってしまいます。

iPhone 14 ProとiPhone 12 Proの外観的な違い

iPhone 14 ProとiPhone 12 Proで大きく変化が実感できる点についてご紹介していきます。

ノッチからパンチホールへと変更

まずは表面。

フロントカメラ部分がノッチからパンチホールへと変更になりました。

iPhone 14 ProとiPhone 12 Proの画面比較
左:iPhone 14 Pro、右:iPhone 12 Pro

カメラのサイズが大きくなった

次に裏面。

カメラのサイズが大幅に大きくなりました。

iPhone 14 ProとiPhone 12 Proのカメラサイズを比較
左:iPhone 14 Pro、右:iPhone 12 Pro
らけ

こう見比べると、12Proのカメラがかなり小さく見えますねw

厚みもこれだけの差があります。

iPhone 14 ProとiPhone 12 Proのカメラの厚みを比較
左:iPhone 14 Pro、右:iPhone 12 Pro

重くなった

カメラのサイズが大きくなって予想が付いている方もいるかと思いますが、スマホ自体の重さも結構重くなりました。

iPhone 12 Proが196gだったのに対して、iPhone 14 Proは207gもあります。

らけ

10g以上重くなっていることがわかります。

iPhone 12 Proの重さ
iPhone 12 Proの重さ
iPhone 14 Proの重さ
iPhone 14 Proの重さ
きつねちゃん

たった10gって誤差じゃない?

そう思うかもしれませんが、案外この10gって大きいです。

らけ

最初iPhone 14 Proを手に持ったとき「重くなってる!」って感じましたからね。

手に持ってわかるくらいには重くなっているんです。

普段使う時間が長いスマホだからこそ、この10g重くなることで少し不便に感じる場面も出てくるかもしれません。

iPhone 14 Proを使ってみた感想

今までiPhone 12 Proを2年間使ってきた私が、iPhone 14 Proを実際使ってみてどうだったのかご紹介していきます。

Dynamic Islandが想像以上に便利

iPhone 14 Proの目玉と言っても過言ではないDynamic Island

Dynamic Islandとは、以前までノッチだったフロントカメラやセンサーの部分を使って、アプリを表示したりお知らせを表示できる機能です。

例えば、Spotifyで音楽を再生した状態でホーム画面に戻ると、このようにDynamic Islandで再生状態が確認できます。

Dynamic Islandで音楽再生している様子
らけ

もちろんAppleのミュージックアプリでも同じように表示されます。

長押しすることでミニプレイヤーが表示され、音楽の操作ができるようになります。

Dynamic Islandのミニプレイヤー

このDynamic Islandは、他アプリを使っているときも常時表示されます。

例えば、音楽を再生しながらブラウザでネットサーフィンしているときもこのように表示されたままです。

Dynamic Islandが常時表示されている様子

Dynamic Islandをタップするとそのアプリが表示されるので、以前よりも操作が快適になりました。

らけ

以前は一覧から音楽アプリを選んで操作する必要がありましたが、Dynamic Islandをタップするだけで切り替えることができるので快適です。

また、Dynamic Islandは2つまで起動しておくことができます。

そのため例えば、音楽を再生しながらタイマーをセットすることで、どちらもDynamic Islandに表示させることが可能。

Dynamic Islandでアプリを2つ表示させている様子

この状態でタイマーを長押しすると、タイマーのミニウィンドウが表示されます。

Dynamic Islandでタイマーを表示

ただ上に表示されているだけでなく、他のアプリを使っているときでも簡単に操作ができるのは想像以上に便利でした。

そして何より、今までと画面の見え方が変わるから新鮮味があってワクワクします。

らけ

Face IDの認証もDynamic Island内でアニメーションが表示されるので、見る度にちょっと感動しますw

ただし、ゲームアプリなどを起動するとDynamic Islandは表示されなくなります。

画面の常時表示は慣れると便利かも?

iPhone 14 Proで実装された画面の常時表示機能。

スリープ状態でも画面が消えず、画面を暗くした状態で常時表示されたままになります。

そのため、わざわざiPhoneの画面をONにしなくても時間を見たり通知を確認したりが可能になりました。

iPhone 14 Proの画面常時表示の様子
スリープ状態でも結構明るいです

iOS16で実装されたロック画面にウィジェットを置くことができる機能とも相性バツグン!

作業中でも、iPhoneをスタンドに立てておくと、少し目線をずらすだけでiPhoneの状態を確認することができて非常に便利です。

ただ、今までって通知が届くと画面がONになっていたじゃないですか?

基本的にはApple Watchで通知は受け取ってるのですが、重要度の低い通知はiPhoneでしか見れないようにしています。

そのため、視界に画面が付いているiPhoneが映ると、通知がきたのかと思ってしまうんですよね。

また、iPhoneを持ち上げると画面がONになるので、ポケットに入れるときには電源ボタンを押して画面をOFFにしてから入れてたのですが、常時ONのままなので電源ボタンを押してもあまり変化がなく、無駄にボタンを押してしまいます。

多分これらは慣れればなんてことのない問題だとは思いますが、慣れるまではこのようなちょっとした違和感が付きまとってしまいます。

カメラが大きすぎてアクセサリーが干渉する

前述した通りiPhone 14 Proは、とにかくカメラのサイズが大きく、そして厚くなりました。

そのため、iPhone 14 Pro用のケースはカメラを保護するために縁の部分が高くなっています。

らけ

縁を高くすることで、置いたときにカメラが直接デスクに当たらなくなります。

カメラ部分が大きくなったことと、それを保護するための縁も高くなったことで、ケースをつけるとMagSafe部分がかなり狭くなってしまうんです。

iPhone 14 ProのMagSafe部分
らけ

MagSafe部分とカメラとの間が狭すぎですよね・・・

iPhone 12 ProではMOFTのウォレットスタンドをずっと愛用していたんですが、これをiPhone 14 Proに貼り付けると、ケースの縁に引っかかってしまいます。

カメラの縁にMOFTウォレットスタンドが引っかかってる様子

このように、カメラが大きくなったことで、アクセサリーによってはケースと干渉してしまって使えません。

MOFTウォレットスタンドは、干渉していて多少浮いてしまうとは言え一応使えてはいます。

ただ、中には完全に使えないモノもあるかもしれないので、アクセサリーを買うときは注意が必要です。

らけ

特にMagSafeアクセサリーには注意が必要です。

ちなみにケースは、TORRASのiPhone 14 Pro用ケースを使っています。

レビュー記事も書いているので、もし気になったら参考にしてみてください。

iPhone 14 Proレビューまとめ

まとめ

iPhone 14 Proの新機能であるDynamic Islandと画面の常時表示は、どちらも便利です。

特にDynamic Islandは、他のアプリを使いながらも簡単に音楽アプリなどの操作ができるため、日常的な使い方が更に快適になります。

画面の常時表示は慣れるまでは違和感を覚えてしまいますが、やはり操作なしで情報を確認できるのは便利です。

ただし、カメラが大きくなりすぎたせいで中には使いづらくなった、あるいは使えなくなったアクセサリーがあるので、新たにアクセサリーを買う際は注意が必要です。

とは言え、新しい機能は新鮮味があって楽しいので、ぜひ一度店頭で触ってみてはいかがでしょうか?

【iPhone 14 Proレビュー】iPhone 12 Proから買い替えた感想【比較】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次