wynnのプロフィール

はじめまして、管理人のwynnと申します。

元々ネットワークエンジニアでしたが、現在はフルスタックエンジニアとして家に引きこもって仕事をしています

フルスタックエンジニアと言ってもそこまで技術力がある訳ではありませんが、ネットワーク・サーバ・プログラミングどれもある程度ですができるためこの場ではそう名乗らせてもらっています。

過去の経歴

 
実は今まで3回転職を経験しています。

これら3社全てがネットワークエンジニアとしての経験です。

1社目 新卒で入社

大学を卒業して新卒で入社した会社ですが、いわゆるSESの会社でした。

正直な所、あまり真剣に就職活動をしていなかったため、今思うと業界研究が全然できていませんでした。
そのため、SESというものが全くわかっておらず、内定を貰えたからそのまま入社を決めてしまいました。

そして実際に入社して絶望しました。。。

 
新人研修は技術的なことは皆無でひたすら会社のお偉方のありがたい話を1ヶ月間聞かされ続けました。
そして技術的な研修が全くないまま現場へと配属になりました。

私が配属となった現場はかなり巨大な企業のかなり巨大なプロジェクトでした。
配属先は自社の人間は1人もいなかった上に使っている技術も全くわからず、会話内容も全くわからないという悲惨な状態だったのでもう不安しかなかったですね。

とにかくまず会話内容だけでも理解できるようにと必死に勉強しました。
周囲に聞ける人もおらず、息抜きに雑談ができる人間もおらず孤独の中でひたすら勉強してました。
現場の人からの当たりは非常にきつく、毎日が辛かったですね。。。

それでもそれなりの給料が貰えていればまだよかったのですが、最低水準で生活できるギリギリの給料しか貰えてない上に、自社業務と言う名の雑務でサービス残業休日出勤無給の社内会議への強制参加&強制参加社内イベントとストレスと疲労は溜まる一方な生活でした。

元々身体が強い方ではなかった私はすぐ体調を崩し結局辞めることになりました。

新卒というすごく貴重なカードをこれで失ってしまったのは非常に勿体なかったと今でも思います。

2社目 業界内では結構有名な企業の子会社へ入社

1社目で経験したのがかなり巨大なプロジェクトだったのでその経験と、何とか現場でやっていこうと必死に勉強した知識のおかげで2社目は割とすんなりと決まりました。

親会社がかなり大きい会社だったため、給料は1社目に比べるとかなり上がりました。
そしてSESではなく自社で働けるという魅力的な環境だったので、最初はモチベーションも高く、頑張ろうという気になっていたのですが、いざ働き始めると夜勤の連続でした。

その上人間関係も悪く、夜勤の疲労と人間関係のストレスに耐えきれず辞めることになりました。

第二新卒と呼ばれるこれもまた貴重なカードも失ってしまい将来に不安を感じ始めました。

3社目 再びSESへ

やはり3社目となるとなかなか内定が貰えなくなってしまいます。
しばらく就職活動を続けていましたが、行きたいような会社からは全く内定が出ませんでした。
このときSESの会社は避けて活動をしていたのですが、全然就職先が決まらず焦りを感じたため、仕方なくSESの会社も含めて探し始めました。

そして何とか内定をいただいて入社をしたのは、SESの会社の中でも面接で話した感じは結構よさそうな雰囲気の会社でした。
希望の会社へ入るためのスキルアップ期間だと割り切って頑張ろうと思いましたね。

今までの3社全てがネットワークエンジニアとしての業務だったのですが、1社目と2社目はどちらかというと運用寄りの業務で、今回の3社目は構築寄りの業務でした。
今までの経験は活かせてはいるものの知らないことだらけで、日々の業務で自分の成長を感じて充実していました。

しかし、ネットワーク構築という仕事上、現場に行かないと作業ができないため出張が頻繁に発生しましたし、人が使っていない時間帯に作業をする必要があるため夜勤もありました
その上作業量もかなりあるため残業も結構な時間あったので、体力的にはかなりしんどかったです。

この頃になって初めて自分の仕事について考え始めました。

自分の将来について考え始める

 
今までネットワークエンジニアとして働いてきたから、次の職場もその経験が活かせるネットワークエンジニア!と深く考えずに決めていました。
しかし、ネットワークエンジニアである限りどうしても出張&深夜作業&残業が発生するということに気付きました。

元々私は外に出るのがあまり好きではありません。
休日も必要な買い物以外基本的には外に出ません。

そんな私がこの先何十年もネットワークエンジニアを続けられるのか?

そう考えた途端不安になってきました。

プログラミングとの出会い

 
身体もあまり強くない自分がどうすればこの先長く働き続けることができるかと考えた結果、自宅で仕事ができればいいということに気付きました。
通勤がなければ多少体調が悪くても仕事自体はできますし、悪化しても何とかなりますしね。
そのため、自宅でもできる仕事について調べてみたところプログラミングを見つけました。

情報系の大学に通っていたので、プログラミングの基本はわかっていましたし大学時代楽しんでプログラミングはしていました。
ただ、プログラマーという職業は残業だらけで過酷な労働環境という話を聞いていたため、その頃は視野に入れていませんでした。

しかし、調べてみると技術力さえあれば家でも仕事ができる職であることがわかり、「これだ!」って思いましたね。

それからは独学でひたすらプログラミングについての勉強を続けました。

いろいろな言語に触れましたが、最終的にはPHPをメインに勉強してました。

このブログを開設したのも勉強の一環で、学んだ内容をアウトプットをするのが目的でした。

理想の働き方を手に入れる

 
1年ほどひたすら勉強を続けた結果、在宅ワークがメインの会社へと就職することができました。

ただプログラムを書くだけでなく、作った後Webサービスを公開するためサーバの勉強をするためVPSの契約もしました。
元々レンタルサーバで運用していたこのブログをVPSへと移行し、勉強のために作ったWebアプリケーションやWebサービスをVPS上で動かして公開しました。
そして、面接の際には実際に動いているものを見てもらいました。

 

 
結果としてそのサーバについての知識・経験がプラスに働きました。

ネットワークエンジニアとして働いていたのでネットワークの知識があり、サーバも自分で作ることができ、プログラムも書けるという3つのスキルをアピールできたのが大きかったと思います。

ネットワーク以外の知識についてはまだまだレベル不足感はありますが、現在も業務中以外も日々勉強を続けてレベルアップしています。

最後に

 
まだまだ覚えるべきこともいっぱいあるため、学んだことについてアウトプットは続けていき、過去の経験も踏まえて同じようにプログラマになりたいという方にとって役に立つ情報を発信していきたいと考えてます。

また、引きこもりなので、部屋へのこだわりが非常に強いです
そのため、今まで1年に1回ペースで引っ越しを繰り返してきたので、物件探しについてのコツやノウハウについても発信していきたいです。

できるだけ更新を続けていきたいので、ぜひちょくちょくと遊びにきてください!

また、何か気になることなどありましたら気軽に問い合わせフォームやTwitterなどからご連絡ください。