MENU
らけ
ガジェット大好きエンジニア
元々ネットワークエンジニアでしたが、残業と出張だらけの生活が嫌になりプログラミングを勉強して転職。
現在は在宅ワークでプログラマとして働いています。

Apple製品・ガジェット・家電が好きなので、実際に使ってみたレビュー記事をメインに書いてます。
楽天リーベイツ経由なら、Apple Storeの買い物でも楽天ポイントが貯まる!

【iMacとMacBookの2台持ち】上手に使い分けて快適な作業環境へ

きつねちゃん

iMacとMacBook両方持ってるけど、両方使いこなせてないな・・・
両方を使いこなすための方法が知りたいな。

このような悩みを解決します。

この記事を読んでわかること
  • iMacとMacBookそれぞれのメリット
  • iMacとMacBookをどのように使い分けているか
  • iMacとMacBookをうまく使い分ける方法

私はiMacをメインPCとして、MacBook ProをサブPCとして使っています。

正直、最初の頃は2台のMacをあまり使いこなせず、iMacだけしかほぼ使ってませんでした。

らけ

たまにMacBookを使おうと思っても、作業中のファイル移動などが面倒でしたからね。

しかし、これではせっかく買ったMacBookがもったいないため、何とかうまく活用する方法を考えました。

その結果、iMacとMacBookどちらも使いこなすことができる、快適な作業環境ができたのでご紹介していきます。

目次

iMacとMacBookそれぞれのメリット

メリット

iMacとMacBookには、それぞれに強み(メリット)があります。

iMacとMacBookを2台持ちするメリットについて解説する前に、まずこれらそれぞれのメリットを解説していきます。

iMacを使うメリット

iMacを使うメリットは、なんと言っても快適に作業ができる点です。

画面のサイズが大きいだけでなく、解像度も高いため作業スペースを広く確保することができます。

また、スペックもかなり高く、数多くのアプリケーションを開いてても動作が重くならず、快適な作業が可能です。

>>【徹底解説】iMac 27インチ Retina 5Kディスプレイモデル(2019)を快適に使う方法

27インチのiMacは自分でメモリ増設が簡単にできるので、特にマルチな作業に向いています。
>> iMac 27インチ(2019)のメモリ増設方法【誰でも簡単!】

MacBookを使うメリット

MacBookを使うメリットは、場所を選ばずに作業ができる点です。

バッテリー持ちもいいためコンセントがなくても長時間の作業が可能。

また、一般的なノートPCに比べてスペックも解像度も高いため、ノートPCとは思えないほど快適な作業ができます。

>> MacBook Pro 13インチをおすすめしたい理由【レビュー】

iMacとMacBookを2台持ちするメリット

iMacとMacBook

iMacとMacBookを2台持ちするメリットは、iMacとMacBookそれぞれの強みをどちらも使うことができる点です。

それの何が嬉しいのかと言うと、例えば

  • いくつもの作業を同時並行して進めたいとき → iMac
  • 少し気分転換して違う場所で作業したいとき → MacBook
  • 外出先で作業したいとき → MacBook
  • 大きい画面で作業をしたいとき → iMac

このように、必要に応じて2つのMacを使い分けて作業ができるのです。

らけ

2台持ちだからこそできることですね。

ちなみに私は、メインデスクではiMacを使って、寝室にあるサブデスクではMacBookを使って作業をしています。

家族の都合で、メインデスクが使えないときなどに重宝してます。

iMacとMacBookをうまく使い分ける方法

iMacとMacBookをうまく使い分ける方法
きつねちゃん

iMacとMacBookを使い分けると便利ってことはわかったけど、データのやり取りとか面倒なんだよね・・・

こう思ってる人、多いんじゃないでしょうか?

普段iMacで作業していて、外出先で空き時間ができたからMacBookを使って続きを進めたいと思っても、データをコピーしておくなどの事前準備が必要になります。

でも、「外出先でもしかしたら使うかも?」って程度で、毎回データをコピーしておくなんて面倒ですよね。

つまり、iMacとMacBookをうまく使い分けるには、データの同期が簡単にできる必要があるんです。

らけ

そのための方法をご紹介していきますね。

iCloudを使って同期する

まず1つ目は、iCloudを使ってデータを同期する方法です。

MacにログインしているApple IDさえあれば、誰でもiCloudの5GBストレージを無料で使うことができます。

外出先でも使う可能性があるファイルをiCloud Driveに保存しておくことで、iMacとMacBookのどちらからでも使うことができるようになります。

また、同期の設定をすることで、他のフォルダも同じように共有することができるようになります。

らけ

iCloud Drive上のファイルは、iPhoneやiPadでも使えるようになるので、いろいろな使い方ができますね。

iCloudは5GBまで無料ですが、容量に応じた金額を課金することで、もっと大きな容量のストレージを使うことができるようになります。

iCloudの容量と月額料金
  • 5GB → 無料
  • 50GB → 月額130円
  • 200GB → 月額400円
  • 2TB → 月額1,300円

かなりお得な料金ですね。

大量に写真を保存したいなどがなければ、50GBのプランで十分ですしコスパ最強です。

>> Apple公式 – iCloud

NASを使ってネットワーク上にデータを保存する

もう1つは、自分でNAS(ネットワークHDD)を用意して、そこにデータを保存する方法です。

らけ

私はこちらの方法を使っています。

iCloudと違って、クラウド上ではなく手元にデータを置いておけるのが強みです。

また、自分が準備したHDDの容量だけ使えるので、容量も自由自在。

使い方も普段使うデータの保存先を、Mac本体ではなくNASにするだけでOK。

それだけで、常にiMacとMacBookのどちらからでも同じように使うことができるようになります。

きつねちゃん

申し込んだり契約したりという手間もないから簡単だね!

ちなみに、私が使っているNASは「QNAP TS-230」です。

NASを使うメリット
  • どんな大容量のデータも保管できる
  • 自宅内で使うときは、転送速度がUSBタイプの外付けHDDと体感ほぼ変わらない
  • 外出先からでもアクセスすることができる
  • PCからだけでなくスマホからもアクセスすることができる

こちらのNASを使い始めてから、iMacとMacBookの両方をフル活用できるようになりました。

らけ

もちろん、Mac本体のSSD上に保存するよりは速度が遅くなってしまいますが、「遅くてストレスが溜まる!」なんてことはなく快適に使えてます。

>>【QNAP TS-230レビュー】ノマドワーカーの必需品!?NASで楽々ファイル管理

まとめ:iMacとMacBookの2台持ちで作業を快適に

まとめ

iMacとMacBookの2台持ちの場合、必要に応じて2台を使い分けることができるようになります。

例えば、以下のような使い分けですね。

  • いくつもの作業を同時並行して進めたいとき → iMac
  • 少し気分転換して違う場所で作業したいとき → MacBook
  • 外出先で作業したいとき → MacBook
  • 大きい画面で作業をしたいとき → iMac

ただ、2台の間でデータのやり取りするのが面倒ですよね。

そんなときは、どちらのMacからもアクセスできる場所にデータを保管しましょう。

iCloudNASを使う方法が簡単なのでオススメです。

きつねちゃん

データの同期さえ簡単にできれば、2台のMacを簡単に使い分けることができるようになるね!

らけ

導入はiCloudの方が簡単ですが、拡張性や自由度はNASの方が高いので、自分の好みで使い分けてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる