商品レビュー

【HUAWEI FreeBuds 3レビュー】iPhoneでも使えるオープン型ノイズキャンセルイヤホン

【HUAWEI FreeBuds 3レビュー】iPhoneでも使えるオープン型ノイズキャンセルイヤホン

ノイズキャンセル機能が付いたワイヤレスイヤホンはAirPods Proをはじめ、様々な種類が存在します。

しかし、そのほとんどがカナル型のイヤホンです。

そのため、私のようにカナル型が苦手な方は、手が出しづらいんですよね。

そんな悩みを解決してくれるのが、「HUAWEI FreeBuds 3」です。

HUAWEI FreeBuds 3」は、ノイズキャンセル機能が付いた世界初のオープン型のワイヤレスイヤホンなので、カナル型イヤホンが苦手な人でもOK!

本記事では、この「HUAWEI FreeBuds 3」を使ってみた感想について良かった点・気になった点を含めて詳しくお話していきます。

HUAWEI FreeBuds 3の外観

では、まず外観を見ていきましょう。

HUAWEI FreeBuds 3の外箱

名前やロゴが金色でかっこいいデザイン。

HUAWEI FreeBuds 3を引っ張り出した様子

外箱から取り出すときは、取っ手を持って横にスライドさせるという珍しいつくりになっています。

中のロゴも金色です!

HUAWEI FreeBuds 3の箱の中身

箱はこのように開きになっています。

この開きは、磁石でくっついているというちょっと高級な箱ですw

HUAWEI FreeBuds 3の中身

中身は、

  • 本体
  • USB-A to Cケーブル
  • 説明書等の書類

このようになっています。

HUAWEI FreeBuds 3のケース

ケースは光沢のある黒でかっこいいですね。

ロゴもいい感じです。

HUAWEI FreeBuds 3のケースを開けた様子

AirPodsと似たような感じでイヤホンが入っています。

HUAWEI FreeBuds 3のイヤホン

イヤホン本体です。

AirPodsと似たようなデザインです。

HUAWEI FreeBuds 3とAirPodsを比較

サイズはほぼ同じですが、AirPodsは丸っこいデザイン、FreeBuds 3は棒の部分が飛び出ている感じのデザインで思った以上に見た目に差がありました。

でも、装着感はあんまり変わりませんでした。

詳しいスペックや、AirPods・AirPods Proとの比較は、こちらの「HUAWEI FreeBuds 3について調査した記事」をご覧ください。

カラーバリエーション
ノイズキャンセルを搭載したオープン型イヤホン「HUAWEI FreeBuds 3」について調べてみた世界初のノイズキャンセル機能を搭載したオープン型イヤホン「HUAWEI FreeBuds 3」が発売されました。見た目がAirPodsそっくりなので、スペックについて比較してみました。...

HUAWEI FreeBuds 3のよかった点

メリット
 
FreeBuds 3のよかった点は、以下の3点です。

  • オープン型のイヤホンでノイズキャンセル機能が使える
  • ケースのデザインがおしゃれ
  • ウォークマンともペアリングができる

それぞれ解説していきます。

オープン型のイヤホンでノイズキャンセル機能が使える

1番はこれです。

今までノイズキャンセル機能が付いているイヤホンが使いたいと思っても、カナル型のものしかなかったため使えませんでした。

しかし、このFreeBuds 3は、ノイズキャンセル機能付きのオープン型のイヤホンです。

カナル型以外のイヤホンも選択肢に入れることができるのは、本当に嬉しいですね。

ケースのデザインがおしゃれ

ケースがかなりおしゃれなのが結構気に入ってます。

ぱっと見、化粧品にも見えなくもないですw

どの製品もおしゃれなデザインであるAppe製品にも劣らないです。

個人的にはAirPodsよりも好きですね。

ウォークマンともペアリングができる

AirPodsは、iPhoneやiPadなどのApple製品とのペアリングは簡単にできるのですが、他の製品との接続は怪しいです。

ウォークマンの場合は、ペアリング自体はできるのですが音量調整ができず常に大音量で音楽が流れてしまうため、実質的に使えないと言ってもいいでしょう。

しかし、FreeBuds 3は、ウォークマンを始めとした様々な機器とペアリングすることができます。

そのため、Apple製品はAirPods、Apple製品以外はFreeBuds 3というように使い分けができます。

HUAWEI FreeBuds 3の気になった点

デメリット
 
逆にいまいちだった点は、以下の4点です。

  • ケースから取り出しづらい
  • Androidスマホでないとノイズキャンセル機能の調整ができない
  • ノイズキャンセル機能があまり効かない
  • ウォークマンで音量調整がうまくできない

こちらも順に解説していきます。

ケースから取り出しづらい

AirPodsに比べて、ケースから取り出しづらいです。

AirPodsを取り出すときと同じように、この部分を持って取り出そうとしても、滑って取り出すことができません。

HUAWEI FreeBuds 3をケースから取り出す

この耳に入れる部分を持つことで、うまく取り出すことができます。

HUAWEI FreeBuds 3をケースからうまく取り出せる場所

耳に入れる部分を持たなければいけないというのは少し気になりますね。

箱からケースを取り出すときも、かなり取り出しづらかったです。
全体的に取り出しづらい構造なのが少し気になりますね。

Androidスマホでないとノイズキャンセル機能の調整ができない

ノイズキャンセル機能の調整は、アプリで行う必要があります。

しかし、そのアプリはAndroidのスマホでしか使うことができません。

つまり、iPhoneユーザはノイズキャンセル機能の調整をすることができないのです。

ただ、一度調整をしたら、その設定がイヤホン自体に保存されるので、Androidと併用することでiPhoneでも使うことができます。

らけ
らけ
併用すればiPhoneでも使えるとは言え、環境に応じてノイズキャンセルの具合を調整するため、どうしても不便に感じてしまいます。

ノイズキャンセル機能があまり効かない

私は、今までノイズキャンセル機能というものを一度も使ったことがありません。

そのため、すごくいいと噂のAirPods Proはもちろん、他の機器のノイズキャンセルがどんなものなのかも知りません。

そんな私がこのFreeBuds 3のノイズキャンセル機能を使ってみた感想は、「ノイズキャンセルってこんなものか」です。

AirPods Proのレビューを見てると、「ノイズキャンセルをONにすると周囲の音がすっと消えた」のように書かれているので期待してたのですが、そんな体験はできませんでした。

山道でトンネルに入ると、気圧の変化で耳が詰まることってありますよね?

ノイズキャンセルをONにすると、あれと似たような感覚になります。

ただ、その感覚になっても周囲の音はばっちり聞こえてしまうので、周囲の音を遮断したいという目的では使えない気がします。

でも、ノイズキャンセルをONにした状態で音楽を再生すると、ノイズキャンセルがOFFのときよりもいい音に聴こえる気がするので、全く無意味な機能という訳でもなさそうです。

周囲の環境に応じてノイズキャンセルの調整をすると多少は周囲の音が小さくなるのですが、その調整ができるのはAndroidスマホからのみです。

そのため、使う前にAndroidスマホとペアリングをして設定、その後に音楽を再生したい機器にペアリングし直して再生という使い方をすることになってしまいます。

Androidをメインで使っている人であればそこまで問題なさそうですが、多少でもノイズキャンセル効果を高めてからiPhoneやウォークマンで再生しようとすると、結構面倒ですね。

ウォークマンで音量調整がうまくできない

ウォークマンとペアリングはできるのですが、音量調整が怪しいです。

AirPodsと違って、全く音量の調整ができない訳ではないのですが、細かい調整ができません。

音量が1〜10まであったとして、通常であれば1・2・3というように上げることができますよね?

しかし、FreeBuds 3をペアリングした状態で音量を調整しようとすると、1・4・7くらいの上がり方になってしまいます。

つまり、ちょっとだけ音量を上げたいなって思って1回だけボリュームUPボタンを押すと、かなり音が大きくなってしまうのです。

自由に音量調整ができないのは結構不便ですね。

HUAWEI FreeBuds 3を使ってみた感想まとめ

まとめ
 
HUAWEI FreeBuds 3」を使ってみた感想について解説してきました。

  • オープン型のイヤホンでノイズキャンセル機能が使える
  • ケースのデザインがおしゃれ
  • ウォークマンともペアリングができる
  • ケースから取り出しづらい
  • Androidスマホでないとノイズキャンセル機能の調整ができない
  • ノイズキャンセル機能があまり効かない
  • ウォークマンで音量調整がうまくできない

AirPodsに比べて安く買うことができて、おまけでノイズキャンセル機能が付いているワイヤレスイヤホンと考えると結構いいのではないかと思います。

特にAndroidユーザの方だと、AirPodsよりもよさそうです。

【レビュー】AirPods2と偽物のAirPodsもどきを比較してわかったこと本物のAirPods2を買ったので、今まで使ってきた偽物のAirPodsもどきとの違いなど、使用感について詳しくお話していきます。 また、偽物のAirPodsもどきの利点・活用方法についてもお話していきます。...

ただ、正直ノイズキャンセル機能にはあまり期待しない方がいいです。

オープン型のノイズキャンセルはなかなか難しいのかもしれないですね。

Amazonプライム会員を無料で体験!!

日頃からAmazonを利用している方なら、Amazonプライムがお得です!

プライム会員特典の例
  • 注文した次の日に商品が届く
  • いつでも送料が無料
  • プライムビデオやミュージックが使い放題
  • プライムセールが30分前から参加可能

などなど、他にも特典盛り沢山です!

らけ
らけ
もし必要ないと感じても、無料期間内に解約すれば全くお金がかからないのも安心ですね。
\今なら30日間無料体験ができます/

無料でAmazonプライムを体験する>>