レビュー

【無線ルータ】TP-Link Archer A10を使ってみた感想【レビュー】

先日、TP-Linkの無線ルータであるArcher A10を購入しました。

初めて少し高めのルータに手を出したのですが、買い替え前に比べて家の無線環境が非常に快適になり、値段に見合う非常に満足のいく買い物だったと思ってます。

ルータ自体の使い心地などのレビューや、このルータを導入したことで、具体的にどこがどれくらい改善されたのか詳しくお話していきます。

外観

軽く外観について触れていきます。

外箱です。

box

外箱自体はそれなりに大きさがあります。

箱を開けると本体電源ケーブルLANケーブルが入っています。

box-open

本体です。

router

アンテナが3本ついていて、飛ばしたい電波の方向に向けることができます。

アンテナがある分箱は結構大きかったですが、本体自体はコンパクトサイズです。

今までの無線ネットワーク環境

以前はこちらのBUFFALOのルータを使っていました。

4年ほど何の問題もなく使い続けてきたのですが、最近になって頻繁に電波が途切れるようになってきたので、新しいのを買おうかと考えてました。

しかし、先日NURO光に加入しまして、その際に貸し出されたモデム内蔵のルータに、無線LANの機能が搭載されていたため、BUFFALOのルータの代わりにその無線LANを使っていました。

NURO光からレンタルしているルータはF660Aというモデルで、調べてみるとレンタル用ルータの中では最新のモデルらしいです。

使い始めた頃は、以前使っていたBUFFALOのルータよりも速度が出るし、これが追加料金なしで使えるならお得なのでは!?って思っていました。

しかし、しばらく使っていると、ネットを見ている最中で通信が途切れたり、電波が寝室まで届かなかったりと、不便なことが多々起こりました。

 
ちなみに、我が家の構造を簡略化したものがこちらになります。

room-struct

ダイニングにルータが置いてあり、寝室まで電波を直線で飛ばそうと思うと、間に台所・洗面所・風呂があり、何枚もの壁を通過する必要があります。

また、台所にはレンジや冷蔵庫などの障害物があるため、余計に電波が減衰していくものと考えられます。

(マンションが鉄筋コンクリート造であるのも関係している可能性は高そうです。)

そのせいで、寝室でベッドに寝転がって、廊下側を向いていると、電波は辛うじて入るのですが、反対側を向くと全く入らず、身体の向きによって電波が途切れてしまうという非常に不便な状態でした。

通信が不安定な原因は無線ルータ?

通信が不安定になる原因は、ルータではなく回線側ではないかとも考えましたが、有線で繋いでいるPCでは全く通信断が起こっていないため、原因は回線ではなく無線にあるという可能性が非常に高いです。

wynn
wynn
NURO光に入る前は、無線だけでなく有線接続していた場合でも通信断が頻発していたので、回線側の問題でした。
こちらの問題はNURO光に加入したおかげで解消されています。

 
回線自体に問題はなさそうなため、電波を出している無線ルータを替えてみたら改善する可能性が高いと考え、思い切ってこのArcher A10を買ってみました。

思い切ってルータの買い替え

おそらく無線ルータが原因だろうと、思い切ってArcher A10を買ってみましたが、結果としてその決断は正しかったです。

電波が安定した

このArcher A10を設置してから、電波が非常に安定するようになりました

替える前は、PS4のリモートプレイをVitaでプレイしていると、すぐ電波が弱いと警告メッセージが表示されたり、通信が不安定になり画質が荒くなったり、最悪の場合そのまま切断されたりという現象が頻発していました。

しかし、このArcher A10を使い始めてからはそのようなことは1回も起こっておらず、非常に快適にプレイができています。

もちろん通信速度もばっちりです。

5GHzで接続して、だいたい400Mbps前後が安定して出ています。

寝室まで電波が届くようになった

今まで電波が届いていなかった寝室までばっちり電波が届くようになりました

room-struct

これだけ寝室まで離れていても、全く電波が不安定になることなく、常時電波MAX状態なので安心して使うことができています。

前までだったら少し向きを変えるだけで、不安定になったり切断されたりと非常に不便だったので感動です。

Archer A10は設定も非常に簡単

こちらのArcher A10ですが、設定も非常に簡単です。

わざわざPCから管理画面を開くこともなく、スマホのアプリからも設定ができてしまうのです。

1.スマホにアプリをインストールする
2.ルータ本体に書かれているパスワードを元に、スマホをWi-Fi接続する
3.アプリを起動して設定する

このような流れで簡単にできます。

ブリッジモードへの切り替えについて

私と同じように、元々モデムとルータが一体型になっている場合、新たに無線ルータを設置する際にはブリッジモードに設定する必要があります。

ブリッジモードへの設定も、スマホアプリから簡単に行うことができるので、あまりルータなどの機器の取り扱いに慣れていない方でも大丈夫です。

具体的には、動作モードの設定を「ワイヤレスルーター」から「アクセスポイント」へと切り替えるだけです。

これだけで、ブリッジモードへと切り替わります。

ブリッジモードへと切り替わると、アプリから管理画面にアクセスできなくなることがあるので、他に設定したい箇所があるなら、先に済ませておくことをオススメします。

もし、アプリから管理画面へと接続できなくなっても、ルータ自体はそのまま使えるようになっているはずです。

ブリッジモードへと切り替えなくても、インターネットへの接続自体はできます。
しかし、ルータが2台繋がることになってしまうので、2回ルーティングが行われることになってしまい、回線速度が遅くなってしまう可能性が高いです
そのため、元々ルータが接続されている場合は、ブリッジモードへの切り替えをオススメします。

最後に

今回初めて少し高めのルータを買ってみましたが、やはり値段が高いだけのことはあるなと。

もちろん高ければいいというものではありませんが、このArcher A10は、これだけのお金を出してもいいと思える非常にいいルータだと思っております。

多少値段が高くても、安定して使えるルータが欲しいという方にとってオススメのルータです。

逆に、ルータが設置してある、その部屋内でしか無線LANを使わないという方にとっては過剰性能です。

無線ルータが欲しいけど、どれを買えばいいのか迷っている方の参考になれば幸いです。

Amazonプライム会員を無料で体験!!

日頃からAmazonを利用している方なら、Amazonプライムがお得です!

プライム会員特典の例
  • 注文した次の日に商品が届く
  • いつでも送料が無料
  • プライムビデオやミュージックが使い放題
  • プライムセールが30分前から参加可能

などなど、他にも特典盛り沢山です!

らけ
らけ
もし必要ないと感じても、いつでもキャンセルができるのが安心ですね。
\今なら30日間無料体験ができます/

無料でプライム会員を体験する