MENU
らけ
ガジェット大好きエンジニア
元々ネットワークエンジニアでしたが、残業と出張だらけの生活が嫌になりプログラミングを勉強して転職。
現在は在宅ワークでプログラマとして働いています。

Apple製品・ガジェット・家電が好きなので、実際に使ってみたレビュー記事をメインに書いてます。
【最大11%お得】Amazonブラックフライデーセール開催中!

【Majextand M vs Moft Float】iPad mini 6におすすめのスタンド比較!

【Majextand M vs Moft Float】iPad mini 6におすすめのスタンド比較!
今年最後のビッグセール開催中!

iPad mini 6を愛用している私は、ケースやスタンドなどのアクセサリー類をいろいろ買い替えて試行錯誤してきました。

そして、先日ようやくベストな組み合わせを発見し、アクセサリー探しの旅も終了かと思っていたところ、新たなアイテムを発見してしまいました。

それが「Majextand M」です。

有名なスタンドなので、知っている人も多いのではないでしょうか?

私も存在自体は知ってはいたのですが、「MOFTこそiPad mini 6に最適なスタンド」と思っていたので、スルーしてたんですよね。

しかし、最近になってあのメカニカルな感じが気になってきていたところ、Amazonプライムデーで安くなっていたのでつい買ってしまいましたw

そんなMajextandですが、結論を言ってしまうとどっち”が”いいスタンドではなく、どっち”も”いいスタンドでした。

つまり、シチュエーション毎に強みがあるので、使い分けるのがベストだと感じました。

本記事では、MajextandとMOFTをそれぞれ比較し、どのような使い方をするのがベストなのか解説していきます。

らけ

iPad mini 6用のスタンドで悩んでいる人はぜひ参考にしてください!

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
楽天市場
タップできる目次

Majextand Mのメリット・デメリット

まずMajextand Mの良い点・気になる点についてご紹介します。

Majextand Mのメリット

Majextand Mのメリット
  • スタンドを開くのが簡単
  • 全然ぐらつかず安定している
  • 軽い
  • メタリックでかっこいい

Majextand Mは、引っ張るだけでスタンドを開くことができるという手軽さな上、全然ぐらつかず安定して使うことができます。

しかも、スタンド自体がかなり軽くたった66gしかありません。

そのため、外で使う場合でも持ち運びが苦にならないのも嬉しいです。

Majextand Mの重さ
らけ

デザインもメタリックでかっこいいってのもポイント高いです。

Majextand Mのデメリット

Majextand Mのデメリット
  • 専用のシートを貼る必要がある
  • スタンドを開くのに慣れが必要
  • 高さを変えることができない

Majextand Mを使うためには、専用のシートをiPadの裏側に貼り付ける必要があります。

らけ

MOFTのマグネットシートのようなものですね。

MOFTのマグネットシートは、MOFTの他製品も共通して使うことができますが、Majextandのシートはこれだけしか使うことができません。

つまり、Majextandのシートを貼ったら、他にシートを貼るタイプの製品を使うことができなくなるんです。

また、Majextandってぱっと見で使い方がわかりづらいです。

慣れてしまえばなんてことありませんが、慣れるまでは少し使い方に戸惑うかもしれません。

あと、高さを変えることができないのも少し気になる点です。

らけ

角度は変わるんですが、高さ自体は変わらないんです。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
楽天市場

MOFT Floatのメリット・デメリット

次にMOFT Floatの良い点・気になる点についてもご紹介します。

MOFT Floatのメリット

MOFT Floatのメリット
  • 付け外しが簡単
  • フロートスタンドや手書きスタンドとしても使える
  • 高さや角度の調整が柔軟にできる

MOFT Floatは、iPadの裏側に貼り付けたマグネットシートに磁力でくっつきます。

そのため、iPadへと取り付け・取り外しが非常に簡単です。

そしてスタンドとしても優秀。

画面を浮かせるフローティングスタイルとして使えますし、手書きスタイルでも使えます。

フローティングスタイル
MOFT Floatの手書きスタイル
手書きスタイル
らけ

高さや角度も結構自由に変えることができるので、今の環境に合わせた使い方ができます。

もちろん、縦置き・横置きもできます。

縦置き
横置き

MOFT Floatのデメリット

MOFT Floatのデメリット
  • スタンドとして使うとき力がいる
  • iPadの重みでぐらつく
  • 少し重い

MOFT Floatは、自由に高さや角度を変えることができますが、結構硬いです。

そのため、スタンドとして使おうとするときもちょっと苦労します。

らけ

変に力を入れすぎて壊さないか怖いです・・・

ぐらつかないために関節部分を硬くしてあるんだと思いますが、それでもiPadの重みでぐらついてしまうんですよね・・・。

画面をタッチするときはもちろん、タイピングするだけでもグラグラと揺れるのはどうしても気になってしまいます。

また、重さも約243gスマホ1台分くらいの重さがあるので、持ち運ぶはとき少し気になるところです。

MOFTスタンドのメリット・デメリット

普段メインで使っているMOFTスタンドについても触れておきましょう。

MOFTスタンドのメリット

MOFTスタンドのメリット
  • 手軽にスタンドとして使うことができる
  • 縦置きと横置きどちらでも使うことができる
  • バンカーリング代わりになる

MOFTスタンドの一番のメリットは、手軽にどこでもスタンドとして使うことができる点です。

常にiPadの裏側に貼り付けていても全然違和感がなく、ちょっとデスクに置きたいと思ったら一瞬でスタンドを出して立てかけることができます。

しかも、縦置き・横置きどちらでも使えるので、Kindleで本を読みたいときやYoutubeで動画を見たとき、それぞれの場合どちらも使うことが可能。

さらに、デスクなどに置いたときスタンドとして使えるだけでなく、立ちながら使うときは指を通すことでバンカーリング代わりにすることもできるんです。

らけ

指を通すだけでかなり安定して持つことができるので、片手操作が快適になります。

MOFTスタンドのデメリット

MOFTスタンドのデメリット
  • 高さを付けることができない
  • 手書きに最適な角度を付けることができない

普段から手軽に使えて、縦置き・横置きどちらにも対応している非常に便利なMOFTスタンドですが、残念ながら高さを付けることができません。

Macと共にSidecarやユニバーサルコントロールを使うとき、できるだけ画面の高さを揃えた方が見やすいです。

しかし、MOFTスタンドでは高さを付けることができないため、このときだけはどうすることもできません。

また、手書き時のスタンドにもあまり向いていません。

らけ

ある程度寝かすことはできるのですが、書きやすいかと言われると正直微妙なところです・・・

MajextandとMOFTを両立させる便利な使い方を紹介

ここまでご紹介してきた通り、MajextandとMOFTにはそれぞれメリット・デメリットがあります。

例えば、スタンドとして使うならMajextandが安定していて使いやすいですが、MOFTスタンドほど簡単にスタンドを出すことができませんし、バンカーリング代わりにはならないため手に持って操作するとき使いやすくなりません。

一番使いやすいのはMOFTスタンドですが、高さを付けることができないので、Sidecarやユニバーサルコントロールで使うとき少し物足りなく感じてしまいます。

これらが両方使えたらいいのですが、残念なことにMajextandには専用のシートが必要で、MOFTのマグネットシートと一緒に使うことができません。

でも、両方使えたら便利じゃないですか?

そこで、無理矢理に両方一緒に使ってみましたw

MajextandとMOFTを一緒に使うための方法

MajextandとMOFTを一緒に使うための方法は至ってシンプル。

MOFTのマグネットシートの上から、Majextandのシートを貼ればいいんです。

ただ、MOFTのマグネットシートは表面がサラサラしているせいで、Majextandのシートを貼ってもすぐ剥がれてきてしまいます。

そのため、両面テープで無理矢理止めています。

両面テープで貼り付けた様子
らけ

家にあった両面テープが白色のものしかなかったのでかなり目立ちますが、透明のものだったらもっと自然な感じになるはずです。

MajextandとMOFTを一緒に使うメリット

MOFTのマグネットシートの上にMajextandのシートを貼り付けたおかげで、MOFT製品とMajextand Mどちらも使えるようになりました。

そのおかげで、MOFTスタンド・MOFT Float・Majextand Mの3つを状況に応じて使い分けることができるんです。

  • 普段はMOFTスタンドを貼り付けて、片手操作やデスクの上に置いたとき立てることができるように
  • 外出時にはMajextandをカバンに入れておくことで、MacBookのお供として使いやすく
  • 高さを変えたいときや手書き作業時にはMOFT Floatを使って快適に
MOFTスタンドを使う様子
MOFTスタンド
Majextand Mを使う様子
Majextand M
MOFT Floatを使う様子
MOFT Float

このように、そのときの状況に応じて簡単に付け替えることができるのが非常に便利です。

らけ

使い分けることで、それぞれの弱点を克服することができます。

MajextandとMOFTを一緒に使うデメリット

ただ、この方法にもデメリットが存在します。

Majextandのシートって金属の部品の分だけ少し出っ張ってるんですよね。

Majextandの出っ張り部分
Majextandの出っ張り部分

そのため、MOFT製品を貼り付けたとき少しだけ隙間ができてしまいます。

MOFTスタンドの隙間
MOFTスタンドの隙間

隙間ができてしまうことで、若干ですが磁力が弱まってしまいます。

普通にスタンドとして使う分には全く問題ありませんが、バンカーリング代わりに使うときに注意が必要です。

マグネットシート1枚のときならMOFTスタンドだけを持っても大丈夫でしたが、2枚重ねの場合だと磁力が足らずに外れてしまいます。

そのため、持ちやすさのために使うならいいですが、落下防止にはならない点注意してください。

らけ

ちなみに、磁力が弱まっているとは言え、MOFT Floatでフローティングスタンドとしては問題なく使えるので安心してください。

まとめ:MajextandとMOFTの両立こそ最強

MajextandとMOFT、どちらにもメリット・デメリットがあるので、それなら使い分けてそれぞれの弱点を克服しようとした記事でした。

両面テープという結構な力技で実現させましたが、探せばもっといい方法があったかもしれません。

白いテープを使ったため見た目は少し気になるものの、使い心地としては満足してます。

MajextandかMOFT、どっちを使おうか迷っている人はこの方法を試してみてはいかがでしょうか?

ただ、何かあったとしても責任は取れないため、自己責任でお願いします。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
楽天市場
【Majextand M vs Moft Float】iPad mini 6におすすめのスタンド比較!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次