Apple製品

Macbook用のスタンドはどのタイプがおすすめ?選ぶ基準を解説します!

Macbookのスタンドはどのタイプがオススメ?
家でMacbookを使ってるからスタンドが使いたいな・・・
でもどんなスタンドを使うのがいいんだろう?

このような疑問を解消します。

スタンドの種類ごとの特徴について解説していくので、自分のスタイルに合ったスタンドを見つけていただけると幸いです。

Macbook用のスタンドには3つのタイプがある

Macbook用のスタンドには、3つのタイプが存在します。

  • 画面を閉じたまま立てて置く縦置きスタンド
  • そのまま置ける台のよういなっている横置きスタンド
  • Macbookの裏側に貼り付けるタイプのスタンド

これら3つです。

それぞれについての特徴を解説していきます。

縦置きスタンド

 

縦置きスタンドは、Macbook本体を閉じたまま立て掛けて、クラムシェルモードで使います。
 

クラムシェルモードとは、Macbookにモニターを接続して、デスクトップPCのように使うことができるモードです。
Macbook自体は閉じたまま使うので、キーボードとマウスの接続が必要になります。
つまり、MacbookをデスクトップPCの本体として扱うモードですね。

 

縦置きスタンドのメリット

縦置きスタンドを使う一番のメリットは、作業スペースを広く保つことができることです。

Macbookを縦に置くため、必要なスペースはかなり狭くてもOKです。

デスクの上がモニター、キーボード、マウス、スタンドにセットしたMacbookだけで済むので、デスク周りがかなりスッキリとします。

デスクトップPCを使うと、どうしても本体を置くため広めのスペースが必要となってしまいますからね。

外出先ではノートPC、自宅ではスタンドに立ててデスクトップPCと、2通りの使い方ができます。

 

もちろん、Macbookを使っていないときの収納場所として使うこともできます。

Macbookは見た目が美しいので、スタンドに立てておくと、かなり映えます(笑
 

縦置きスタンドのデメリット

縦置きスタンドを使う場合、Macbookを閉じたままで使うため、熱が籠もりがちになってしまいます。

特に、TouchBarが搭載されているタイプのマシンだと、TouchBarの部分が熱くなり、マシン全体の性能が低下してしまう可能性があります。

また、マシン本体に籠もった熱が画面にずっと触れているため、画面の不具合に繋がってしまう可能性もあります。

横置きスタンド

 

縦置きスタンドと区別するために、あえて「横置きスタンド」と呼んでおりますが、一般的にはラップトップスタンドと呼ばれるスタンドですね。

こちらのスタンドは、縦置きスタンドと違って、Macbookを開いたままで使うことができるスタンドです。

そのため、キーボードとマウスが必須という訳ではありません。

私はこちらのスタンドを使っているので、使い心地など気になる方はこちらもご覧ください。

 

横置きスタンドのメリット

横置きスタンドのメリットは、Macbookの画面をモニターとして使えるところです。

スタンドのおかげで、結構高さができるので、ちょうど目線のあたりに画面が来ます。

そのため、ノートPCを使っているとき特有の下を向きすぎて目が疲れる、肩がこるなんてことが改善されます。

また、1台ディスプレイを接続すれば、Macbookの画面とあわせてそれだけでデュアルモニターとして使うことができるのも非常に便利です。
 

横置きスタンドのデメリット

縦置きスタンドに比べて、スペースが必要になってしまいます。

縦置きスタンドを使った場合、かなりスリムになるのですが、横置きスタンドの場合、横幅はMacbookとほぼ同じだけは必要となってしまいます。

また、スタンドを使うとキーボードやトラックパッドの位置も高くなってしまうので、若干使いづらくなります。

そのため、キーボードとマウス、モニターを接続してデスクトップPCのような使い方をオススメします。

貼り付けるスタンド

 

フリップスタンドと呼ばれるスタンドです。

こちらは、Macbook本体に貼り付けて使うタイプのスタンドなので、外で作業するときにも使うことができます。
 

貼り付けるスタンドのメリット

こちらのスタンドを使うことで、キーボードに角度ができるため、タイピングがしやすくなります。

また、若干ですが画面の高さも上がるので、横置きスタンドほどではありませんが、目の疲れ・肩こり対策にもなります。

その他にも、Macbookの底に隙間ができるため、排熱効率が上がるというメリットもあります。
 

貼り付けるスタンドのデメリット

Macbook本体に、直接両面テープで貼り付けなければいけないので、貼り付けた部分にテープの粘着部分が残ってしまう可能性が高いです。

そのせいで、後々Macbookを下取りに出す場合など、不利になってしまう可能性があります。

ちなみに、私はMacbookをこちらのケースに入れていて、スタンドはそのケースに貼り付けており、粘着が残らないようにしています。

 

このようなハードケースの上に貼り付けても、剥がれてくることなく、快適に使うことができています。

使う環境によって適したスタンドは違ってくる

Macbook用のスタンドはこれを使っておけばOK!!

そう言い切ることができません。

では、それぞれのスタンドは、どんな人が使うべきなのか解説していきます。

縦置きスタンドはこんな人にオススメ

 

縦置きスタンドは、

  • 自宅ではMacbookをデスクトップPCとして使いたい
  • 動画編集などあまり重い作業は行わない
  • 作業スペースを広く確保したい
  • デスク周りの見た目をスッキリとさせたい

このような人にオススメです。

デスク周りをスッキリとさせつつデスクトップPCのような使い方ができます。

ただし、動画編集のような処理が重い作業にはあまり向かないので、ブロガーさんなどにオススメしたいスタンドですね。

横置きスタンドはこんな人にオススメ

 

横置きスタンドは、ずばり自宅で複数モニターを使ってがっつり作業をする人にオススメです。

縦置きスタンドよりもスペースは取ってしまいますが、非常に作業をすることができます。

モニターが1つ増えるのはかなり大きいです。

貼り付けるスタンドはこんな人にオススメ

 

貼り付けるタイプのスタンドは、場所を選ばずに使う方にオススメです。

自宅で作業するときも、モニターを使うほどでもない場合に活躍します。

もちろん、外出先での作業時は特に大活躍です。

こちらのスタンドは、縦置きスタンド・横置きスタンドと一緒に使うことができるので、外出先でも自宅でも作業をする人は、両方使うことをオススメします。

まとめ:自分に合ったスタンドを選びましょう

まとめ
 

スタンドの種類についてと、それぞれのスタンドがどのような人にオススメなのか解説してきました。

縦置きスタンド
→ デスクトップPCとして使いたいけど、スペースを広く使いたい

横置きスタンド
→ デスクトップPCとして使いたいし、複数モニターを使ってがっつり作業したい

貼り付けるスタンド
→ 外出先でよく作業をする

スタンド選びの参考にしていただけますと幸いです。

Amazonプライム会員を無料で体験!!

日頃からAmazonを利用している方なら、Amazonプライムがお得です!

プライム会員特典の例
  • 注文した次の日に商品が届く
  • いつでも送料が無料
  • プライムビデオやミュージックが使い放題
  • プライムセールが30分前から参加可能

などなど、他にも特典盛り沢山です!

らけ
らけ
もし必要ないと感じても、いつでもキャンセルができるのが安心ですね。
\今なら30日間無料体験ができます/

無料でプライム会員を体験する