MENU
らけ
ガジェット大好きエンジニア
元々ネットワークエンジニアでしたが、残業と出張だらけの生活が嫌になりプログラミングを勉強して転職。
現在は在宅ワークでプログラマとして働いています。

Apple製品・ガジェット・家電が好きなので、実際に使ってみたレビュー記事をメインに書いてます。
楽天リーベイツ経由なら、Apple Storeの買い物でも楽天ポイントが貯まる!今ならポイント2倍!(6月21日まで)

iPad Proにキーボードはいらない!理由を解説【2年半使い続けた結論】

iPad Proにキーボードはいらない!理由を解説【2年半使い続けた結論】
きつねちゃん

iPad Pro買ったけど、キーボードって必要なの?
普段からiPadを使ってる人の意見が聞きたいな

iPad Proは、非常に使い勝手のいいデバイスです。

Apple Pencilを使うと、イラストを描いたりメモ書きしたりできますし、Magic Keyboardを取り付けると、MacBookと同じように使うことができるようになります。

そんなiPad Proを使い続けて2年半以上経ちますが、実は最近Magic Keyboardを手放しました。

というのも、私の使い方ではiPadにキーボードは不要だと感じたからです。

理由は以下の通り。

  • iPadでわざわざキーボードを使う作業をしない
  • タブレットとして使うとき邪魔になる
  • カバーの付け替えが地味に面倒

そこで本記事では、私がiPadにキーボードが不要だと感じたこれらの理由について詳しくお話していきます。

らけ

これからiPadを使う人で、キーボードも買おうか迷っている人の参考になれば嬉しいです。

目次

iPad Pro用のキーボード「Magic Keyboard」は非常に便利なアイテム

iPad Pro用MagicKeyboard

まず最初に言っておきたいのですが、iPad用のMagic Keyboardは非常に便利なアイテムです。

このMagic Keyboardが発表されたとき、すごくテンションが上がりましたし楽しみすぎてこんな記事も書きました。

>> iPad Pro用のカバー型Magic Keyboardが発表!!メリット・デメリットなどを考察

そして、予約開始されたらその当日には予約もして購入しました。

>> iPad Pro用のカバー型Magic Keyboardがついに届いたのでレビュー

もう届いた日はすごく嬉しかったですし、ちょっと出かけるだけでもMagic Keyboardを取り付けたiPadをカバンに忍ばせてましたw

Magic Keyboardを使うとiPadがMacBookになる

iPadにMagic Keyboardを取り付けると、もうほぼMacBookです。

キーボードが使えてトラックパッドも使えてしまいます。

トラックパッドの使い心地もMacBookとほぼ差がありませんし、キーボードのタイピングに感触もMacBookとほぼ同じです。

ちょっとした調べ物をしたり、文章作成を行うくらいであれば十分事足りるようになります。

MacBookではできてiPadではできないこともある

iPadのカバーにもなり、キーボードも使えてトラックパッドも使えてiPadをほぼMacBook化してくれるMagic Keyboardですが、それでもやはり完全にMacBookと同じ役割を果たすことはできません。

iPadでは使えないソフトもありますし、特にプログラミング関連はiPadでは無理です。

ターミナルソフトを入れてサーバにSSH接続して、vimを使って少しいじるくらいはできますが、ほんと最低限のことしかできません。

らけ

いくらMacBookに近づいたといっても、完全な代わりにはなりません。

iPadにキーボードが不要だと感じた3つの理由

そんなMagic Keyboardですが、冒頭でもお話した通り手放すことにしました。

その理由についてここから詳しくお話していきます。

iPadでわざわざキーボードを使う作業をしない

まず、わざわざiPadを使ってキーボードをがっつり使うような作業ってしないんですよね。

プログラムを書いたり、ブログ執筆をする可能性があるならMacBookを持っていきますし。

そしてMacBookを持っていくと、iPadまで持っていこうってなかなかならないんですよね。

泊りがけの場合ならまた少し違ってきますが、少し出かけるだけだけならMacBookだけ持ってでかけることが多いです。

タブレットとして使うとき邪魔になる

個人的に、iPadってやっぱりタブレットとしての役割が大きいんですよね。

でも、Magic Keyboardをつけてるとタブレットとしては使いづらくなるんです。

そのため、タブレットとして使うときはMagic Keyboardから取り外して使うんですが、それだと「そのMagic Keyboardって何のためにあるの?」って思ってしまうわけです。

前述した通り、がっつりキーボードを使う作業はわざわざiPadでしませんしね。

カバーの付け替えが地味に面倒

家でiPadを使うときは完全にタブレットとして使うので、Magic KeyboardではなくSmart Folioのようなカバーを使っています。

そのため、外に出かけるときにはMagic Keyboardに付け替えて、家に帰ってきたらまた付け替えるってことを繰り返してました。

マグネットなので付け替えも簡単ではあるんですが、それでもやっぱり面倒は面倒なんですよね。

しかも、せっかくMagic Keyboardに付け替えてもほぼ使う場面がありませんでしたし。

iPadにキーボードが必要な人とは?

iPadにキーボードが必要な人とは?

私はiPadを2年半以上使い続けてきて、キーボードは不要だという結論に達しました。

でも、みんながみんなそういう訳ではありません。

では、逆にiPadにキーボードが必要な人とはどんな人でしょうか?

それは、ずばりMacBookを持ってない人です。

らけ

MacBookじゃなくても、外で作業がしたいときに使うことができるパソコンであればいいです。

MacBookがあれば、外でもほとんどの作業をこなすことができます。

>> MacBook Pro 13インチをおすすめしたい理由【レビュー】

でも、MacBookを持っていない人の場合、その代わりにiPadを使うのは全然アリです。

例えば、家ではiMacを使って、外でちょっと作業したいときにiPad+キーボードで作業するってのは、いい使い分けですね。

iMac持ってるからわざわざMacBook買うのはちょっと・・・」って人には、iPad用Magic Keyboardはかなりオススメできます。

私のスタイルに合わないだけで、決してMagic Keyboardが悪いわけではありませんからね。

まとめ:MacBookがあればiPad Proにキーボードはいらない

まとめ

私のようにMacBookを持っていて、iPadをタブレットメインで使う人にとって、iPad用のキーボードは不要です。

Magic Keyboardよりもタブレットとして使いやすいSmart Keyboard Folioという選択肢もありますが、正直そこまでしてiPadでタイピングする必要があるのか?って感じです。

らけ

Smart Keyboard Folioの場合トラックパッドが付いておらず、操作は基本的に画面を直接タップすることになるので、何とも中途半端なスタイルになってしまいます。

MacBookなどの外で作業するためのマシンを持っていない人は、キーボードがあった方がいいです。

でも、MacBookがあるのにわざわざiPadで作業する必要はないというのが私の中での結論です。

iPad Proにキーボードはいらない!理由を解説【2年半使い続けた結論】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる