MENU
らけ
ガジェット大好きエンジニア
元々ネットワークエンジニアでしたが、残業と出張だらけの生活が嫌になりプログラミングを勉強して転職。
現在は在宅ワークでプログラマとして働いています。

Apple製品・ガジェット・家電が好きなので、実際に使ってみたレビュー記事をメインに書いてます。
楽天リーベイツ経由なら、Apple Storeの買い物でも楽天ポイントが貯まる!

【FLEXISPOT E7比較レビュー】E3からパワーアップした神デスク

【FLEXISPOT E7比較レビュー】E3からパワーアップした神デスク

私は普段自宅で仕事をしているのですが、デスクが仕事場になります。

そのため、デスク選びは非常に重要です。

そんな私が愛用しているのが電動昇降デスクで有名なFLEXISPOTE3

2年以上このデスクを使い続けてきたんですが、控えめに言って最高です。

自由に高さを変えることができるのも便利ですし、座り疲れたら立ちながら仕事ができるのも素晴らしいポイント。

そんなFLEXISPOTのデスクを愛用している私ですが、この度E3のバージョンアップ版であるE7をFLEXISPOT様よりご提供いただきました!

そこで今回は、バージョンアップ版であるFLEXISPOT E7は、今まで愛用していたE3よりどれだけパワーアップしているのか比較レビューをしていきます。

らけ

今までE3を使ってきたからこそわかるE7の魅力についてお伝えできればと思ってます!

タップできる目次

FLEXISPOT E7とE3のスペック比較

FLEXISPOT E7とE3、それぞれのスペックを表にまとめました。

FLEXISPOT E7FLEXISPOT E3
モーターデュアルモーターデュアルモーター
耐荷重125kg100kg
対応天板サイズ幅120-200cm
奥行60cm-80cm
厚さ2cm以上
幅120-200cm
奥行60cm-80cm
厚さ2cm以上
昇降範囲58-123cm60-123cm
昇降スピード38mm/s38mm/s
パネルタイプタッチパネル物理ボタン
機能メモリ、ロック、障害物検知メモリ、ロック、アラーム
E7とE3のスペック比較

後継機なだけあって基本は同じですが、所々パワーアップしています。

具体的には赤字の部分ですね。

E3からパワーアップした部分
  • 耐荷重が100kg→125kgに
  • 昇降範囲の下限が60cm→58cmに
  • 障害物検知機能が追加

また、コントロールパネルが物理ボタン式からタッチパネル式へと変わりました。

逆にE7になってアラーム機能がなくなりました。

座りっぱなし防止のため、セットした時間に立ちましょうみたいな使い方をする想定だとは思うんですが、正直私は一回も使ったことがないため特に気になりませんでした。

らけ

今までアラーム機能を愛用していた人にとっては残念ポイントかもしれません。

FLEXISPOT E7がE3よりパワーアップしている点

スペック上のパワーアップ点についてご紹介しましたが、次は実際に使ってみてパワーアップを体感した点についてご紹介していきます。

ケーブルが見えにくくなった

こちらが元々使っていたFLEXISPOT E3のモーター部分のケーブルです。

らけ

奥のケーブルのせいで少し見づらいですが・・・

FLEXISPOT E3のケーブル

元々はもう少しマシだったんですが、引っ越しの際に業者が組み立てたらこうなってしまいましたw

自分でも何とかもう少しキレイにケーブルを隠せないかと頑張ったんですが、これが限界でした・・・

次にFLEXISPOT E7を見てみましょう。

FLEXISPOT E7のケーブル部分

トレイでケーブルがしっかり隠されているのがわかりますでしょうか?

E3は左右それぞれを小さめのトレイで覆う感じでしたが、E7は大きなトレイ1つで覆うので、ケーブルがE3に比べて見えにくいんです。

らけ

ケーブルを束ねてしまえば、あとはトレイで覆うだけでキレイに見えます。

ぶつけても痛みがマシになった

前のめりになって作業をするとき、デスクにかなり近づいて座りませんか?

そういうとき、足を組もうとして少し足を上げるとこの部分に膝をぶつけるんですよね。(※下写真参考)

FLEXISPOT E3のぶつけると痛い部分

この部分って鉄板状なので、ぶつけるとものすごく痛いんです。

そのため、ぶつけても痛くないようにスポンジ状の緩衝材を貼り付けてたんですよね。

しかし、E7ではこの痛い部分がなくなりました!

ぶつける可能性があるのはこの2箇所ですが、どちらもあの痛い鉄板状じゃないんです。

FLEXISPOT E7のぶつける可能性がある箇所

もちろん、ぶつけると痛いは痛いですよ?

ただ、E3の鉄板状の部分にぶつけるのは鉄板が刺さる痛み、E7は硬いものの角でぶつけた痛みです。

らけ

どっちも痛いですが、あの鉄板が刺さる痛みよりは全然マシなんです!

ちょっと伝わりづらいかもしれませんが、個人的に結構嬉しいポイントでした。

操作パネルがスマートになった

操作パネルもかなり変わりました。

FLEXISPOT E3はこのような物理的なボタンでした。

FLEXISPOT E3の操作パネル

しかしFLEXISPOT E7では、このようなタッチパネル式になりました。

FLEXISPOT E7の操作パネル

サイズも小さくなった上に、タッチ操作で簡単に操作できるようになったので二重の意味でスマートになったと言えます。

FLEXISPOT E3とE7の操作パネルのサイズ比較
操作パネルのサイズ比較

物理ボタンだと、ボタンを長押ししてても途中で押しが甘くなって止まるってことが多々ありました。

しかしタッチパネルだとそのようなこともなく、非常に快適です。

また、記録しておける数もE3では3つだったのが、E7では4つに増えました。

その4つのボタンの中の2つは、番号ではなく座った状態と立った状態のアイコンになっています。

きつねちゃん

何番にどの高さを設定しよう?

と悩むことなく登録することができますし、迷うことなく状態を切り替えることもできます。

らけ

まさにスマートに進化しました。

昇降動作がスムーズになったかも?

スペック上を見ると昇降スピードは同じなんですが、実際に動かしてみるとE7の方が若干スームズに動いているように感じます。

また、E3は結構低めのモーター音ですごく頑張って動いている感がありましたが、E7はもっと高めのモーター音なので負担を感じず動いているよう感じます。

らけ

実際にどう変わっているのかはスペック表を見てもわかりませんが、体感としては少しスムーズに動くようになったと感じました。

FLEXISPOT E7の気になる点

逆に、使っていて気になる点もあったので、ご紹介しますね。

タッチパネルの誤動作

タッチパネルって操作がすごく簡単になって便利なんですが、意図しないときに動作することがあります。

例えば、少し腕を伸ばしてケーブルを取ろうとしたとき、操作パネルに身体が触れるとそれで動作してしまうんです。

動かないようにするロック機能も付いてはいるんですが、毎回ロックなんて面倒でしませんよね。

らけ

操作パネルをデスクの端の方に取り付けたら誤動作することはほぼないとは思いますけどね。

ケーブルトレイで覆いきれない

付属のケーブルトレイを使うことで、デスクのモーターに繋がっているACアダプターやケーブルを隠すことができます。

しかし、デスクの横幅を少し広げるとこのトレイでは全体を覆うことができずに隙間ができてしまいます。

FLEXISPOT E7のトレイの隙間

その隙間からケーブルが落ちてくるなどの実用面での被害はないですが、見栄えが悪くなってしまうので少し気になるポイントです。

らけ

自分で何とか工夫する必要があります。

FLEXISPOT E7をより快適に使うためのアドバイス

今回私は2年以上FLEXISPOT E3を使い続けた上での乗り換えだったので、E3を使っているうちに「こうしておけばよかった!」と感じていたことをE7へと反映させました。

そのようなFLEXISPOT E7を快適に使うためのアドバイスについてご紹介します。

キャスターを付ける

FLEXISPOT E7を買うのであれば、絶対キャスターも一緒に買うべきです。

FLEXISPOTのデスクは、足だけで30kg以上の重さがあり、そこに天板を取り付けてパソコンなどを乗せると50kg以上になってしまいます。

少しデスクを動かしたいって思ったとき、その50kgのデスクを動かすのはかなりの重労働です。

しかし、キャスターを付けていれば、全く苦労することなく動かすことができるようになります。

らけ

E3のときはキャスターなしだったので、配線し直したいときかなり大変でしたが、今回E7にはキャスターを付けたので楽々です!

キャスターは組み立てた後からでも付けることはできますが、一度デスクをひっくり返す必要があるので、組み立て時ついでに付けておくことをおすすめします。

引き出しを付ける

FLEXISPOTのデスクには、別売りですが専用の引き出しがあります。

決して必需品ではないのですが、この引き出しが非常に便利なので、デスクと一緒に使うことをおすすめしたいです。

具体的にどう便利なのか解説していきますね。

この引き出しはひっくり返さなくても付けることはできるのですが結構大変です。
ひっくり返して付けた方が絶対楽なので、組み立て時に一緒に付けることをおすすめします。

デスクの上の小物を減らせる

デスク自体に収納が全く付いていないので、どうしてもデスクの上に小物が増えてしまいがちです。

この引き出しがあれば、そのような小物を入れておくことができるので、デスクの上をキレイに保つことができるようになります。

FLEXISPOTの引き出しの中
らけ

引き出しの中はフェルト生地なので、デスクを昇降しても中で転がりづらく、ガジェット類を入れても安心です。

引き出し上のスペースに大物を置いておける

引き出しと天板の間にもモノを入れておけるスペースがあります。

これ、ただの隙間ではなく、モノを置いておけるようちゃんとフェルト生地になっているんです。

そこそこの広さがあるので、ノートPCを閉じて置いておくとデスク上のスペースを更に有効活用することができます。

ちなみに、私はここにドッキングステーションを置いています。

FLEXISPOTの引き出しの上にドッキングステーションを置いた様子

熱がこもるのが嫌だったので、ドッキングステーションの下にはUSBファンを敷いて冷却しています。

らけ

USBの抜き差しもしやすいですしデスクの上がスッキリするので、かなり気に入ってます。

マグネット系のアイテムを有効活用できる

引き出しの側面には、デスクの足と同じくマグネットがくっつきます。

デスクの足って、椅子に座った状態から少し遠くないですか?

らけ

デスクの足に貼り付けても、デスク下に潜り込んで結構手を伸ばさないと届きませんからね・・・

でも、引き出しだとすぐ手が届くので、簡単に取ることができます。

私はマブネット付きのティッシュボックスをくっつけています。

FLEXISPOTの引き出しにティッシュボックスをくっつけた様子
らけ

デスクの足だと少し遠いですが、ここなら座っててもすぐ手が届いて便利です。

他にもマグネットフックをくっつけて、ケーブルや小物を引っ掛けておくのも便利そうですね。

FLEXISPOT E7とE3の比較レビューまとめ

今の電動昇降デスクの主流と言っても過言ではないFLEXISPOT E7は、1世代前のモデルであるE3からかなりパワーアップしていました。

スペック表を見比べただけでは大きく変わっているようには見えませんが、実際に使ってみるとそれが実感できます。

パワーアップした点
気になった点
  • ケーブルが見えにくくなった
  • ぶつけたときの痛みがマシになった
  • 操作パネルがスマートになった
  • 昇降動作がスムーズになった
  • タッチパネルの誤動作
  • ケーブルトレイで覆いきれない
らけ

デスク天板は同じものを使っているので、純粋に足がE3からE7へと変わっただけでもかなりの違いを実感しています。

電動昇降デスクをまだ持っていない人だけでなく、今E3を使っている人にもおすすめできるデスクです。

E3とE7の比較ではなく、電動昇降デスクについてのメリット・デメリットなどを知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

【FLEXISPOT E7比較レビュー】E3からパワーアップした神デスク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次