IT技術

Chatwork APIを使ってPHPでメッセージを投稿する方法

仕事でChatworkのAPIを使う機会があったので、備忘録代わりに使い方を解説していきます。

使用言語はPHPです。

ChatworkのAPIを使ったWebアプリケーションを作ってみたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

Chatwork APIを使ってできるようになること

Chatwork APIを使ってできるようになること
 

他のチャットツールと組み合わせることで、異なるツール間でメッセージのやり取りができるようになります。

これを応用すれば、例えばLINEから送信したメッセージをChatworkに投稿、逆にChatworkから送信したメッセージをLINEへと投稿することができます。

Chatwork APIを使うための準備

Chatwork APIを使うための準備
 

ChatworkのAPIを使ってメッセージのやり取りを行うには、

  • APIトークン
  • ルームID

これら2つが必要になります。

まずは、それぞれの取得方法について解説していきます。

API Tokenの取得

まず、APIトークンの取得方法です。

右上のメニューから、API設定をクリックします。

API設定

API Tokenの項目を選択し、パスワードを入力して表示ボタンをクリックすると、トークンが表示されます。

APIトークン取得

こちらのトークンを控えておいてください。

ルームIDの取得

ルームIDの取得は簡単です。

まず、投稿したいチャットのページに行きます。

そして、URLを見てください。

ridと書かれている後ろの数字がルームIDになります。

ルームID

Chatwork APIを使ってメッセージを投稿する

Chatworkを使ってメッセージを投稿する
 

では、実際にAPIを使ってChatworkへとメッセージを投稿してみましょう。

ソースコードはこちらです。

<?php

$msg = array(
        'body' => '送信メッセージ'
        );

$token = 'APIトークン';

$room = 'ルームID';

$ch = curl_init();
curl_setopt($ch, CURLOPT_HTTPHEADER,
            array('X-ChatWorkToken: '.$token));
curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, "https://api.chatwork.com/v2/rooms/".$room."/messages");
curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
curl_setopt($ch, CURLOPT_POST, true);
curl_setopt($ch, CURLOPT_POSTFIELDS, http_build_query($msg, '', '&'));
$result = curl_exec($ch);
curl_close($ch);

 

$msgには、Chatworkへと投稿したいメッセージ
$tokenには、APIトークン、
$roomには、ルームID

これらをそれぞれ入れるだけで、Chatworkへの投稿ができるようになります。

$resultに実行結果が入っているため、実行結果をログなどに書き出したりしたい場合は、こちらを使ってください。

また、実際にAPIを実行しているのはcurlなので、それぞれの詳しい動作を知りたい方は、curlのオプションについて調べてみてください。


まとめ

まとめ

  • APIトークン
  • ルームID

これら2つを取得するだけで、とても簡単にChatwork APIを使ってメッセージ投稿を行うことができます。

このAPIを使うことで、他のチャットツールと連携して、例えばLINEからChatworkへとメッセージ投稿ができるようなります。

他のチャットツールで、メッセージを受信する方法についての解説は、また次の機会に解説していきたいと思います。

独学で勉強するのがつらいと感じてませんか?

わからない部分があるとき、誰かに質問ができると効率よく勉強を進めることができるようになります。

TechAcademyであれば、1週間無料でプログラミングスクールの体験をオンラインで受けることが可能です。

この期間に詰まっている部分の質問をするのもいいですし、プログラミングスクールの雰囲気を体験するのもいい刺激になりますよ。

>> TechAcademyの無料体験はこちら

どこからでも開発できる環境を作りませんか?

ConoHa VPSを使えば、クラウド上に自分だけの開発環境を構築することができます!

ConoHa VPSのメリット
  • 1回環境を作ればマシン毎に作り直す必要がなくなる
  • 開発途中のコードを外出先からでも簡単にいじることができる
  • 従量課金制で使うこともできる
  • 従量課金制で使った場合でも上限を超えることはない
定額プランでも月額620円から使うことができるので、コスパ最強!
\今なら初期費用無料/

ConoHa VPS公式ページ >>