ブログ運営

【2019年12月の収益報告】ブログ改善に向けての施策【PDCA】

【2019年12月の収益報告】ブログ改善に向けての施策

年が明けて、少し日が経ってしまいましたが、先月の収益報告です。

また、今回からブログを少しでもよくしていくために、試してみた施策その結果についても書いて、分析していきます。

うまくいった施策があれば真似してもらえればいいですし、うまくいってなかった場合は反面教師にして、少しでもブログ運営をしている方の参考になれば幸いです。

2019年12月の収益報告

2019年12月の収益報告
 
では、まず12月の収益報告です。

Google Adsense約200円
Amazon約1200円
楽天約2500円

合計すると約3900円です!

過去最高です!!

Amazonと楽天が結構伸びたのが大きいですね。

ただ、Adsenseは毎月どんどん下がっています・・・。

2019年12月の目標達成度

2019年12月の目標達成度
 

先月に設定した12月の目標は以下の通りです。

記事更新20記事
PV数4000PV
収益3000円

 

そして、実際の今月の成果は、

記事更新13記事
PV数2000PV
収益3900円

先月に引き続き、ほぼ達成できていませんでした。

収益だけは達成できていますが、おそらく12月ということで一時的に増えていると考えられるので、総合的に見ると全て未達ですね。

2019年12月の振り返り

2019年12月の振り返り
 
12月は、記事を書くというよりもブログ全体の見直しをメインに行った月でした。

先月から検索パフォーマンスがどんどん低下して、そのせいでブログへのアクセス数がかなり低下していました。

先月の報告記事でも、行った対策について書きましたが、そこからまだあまり改善していない状態でした。

行った対策について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

こちらの対策を行ったおかげか、現在は検索パフォーマンスの一方的な低下はおさまっており、徐々にですが回復しているように見えます。

ただ、上記で行った対策以外にも12月は様々なことを行ってます。

具体的には、以下の通りです。

  • ブログのテーマ変更
  • ブログのデザイン変更
  • 過去記事のリライト
  • カテゴリーの変更

それぞれについて見ていきます。

ブログのテーマ変更

今まで無料テーマのCocoonを使っていましたが、有料テーマであるJINへと変更しました。

変更した理由はいくつかあるのですが、一番大きかったのは「納得のいくデザインにできなかった」という点です。

いろいろと試行錯誤してたのですが、私の力不足で「これだ!」というブログにすることができませんでした。

他の方のブログを見ていると、Cocoonでオシャレなデザインにしているので、何とかしたらできるんだとは思いますが、私には納得いくものができず、時間をお金で買うという意味で、有料テーマを導入しました。

 

ブログのデザイン変更

サイト内の巡回率が低いように見えたので、そこを何とかしようとして行った対策です。

具体的には、「新着記事」と「よく読まれている記事」だけでなく、「オススメの記事」を、サイトにアクセスしたときすぐ目に触れるTOPの部分に設置することで、他の記事を見てもらいやすいように意識したデザインにしました。

巡回率が低いと、Googleからの評価が下がってしまい、SEO的にもよくありません。

 

過去記事のリライト

テーマを変更したタイミングで、過去記事のリライトも行いました。

記事の構成を大きく変えることはしてませんが、図や色使いなど、とにかく読者がどうすれば読みやすいかを意識しました。

カテゴリーの変更

こちらも、テーマを変更したタイミングで行いました。

具体的には、カテゴリーの数を減らしました。

 
もう少し詳しく書いていきます。

以前は、例えばプログラミングというカテゴリーの中でもPythonPHPなど言語毎にカテゴリーを作っていました。

また、技術的な話題にしても、プログラミングだけでなくネットワークや環境構築などのカテゴリーがありました。

それらを全てまとめてIT技術にしました。

そして、その中で個別にタグを付けて、プログラミングやネットワークなどの分類をしました。

こうすることで、

  • 1つのカテゴリーのパワーを上げることができる
     → SEO的にいい
  • タグからそれぞれ個別のジャンルを探すことができる
     → ユーザビリティ的にいい

と、メリットが大きいのではないかという考えです。

2020年1月に行う施策

2020年1月に行う施策
 
1月に試してみる施策はこちらです。

  • Google Adsenseの広告ブロックを解除する
  • まとめ記事を増やす

それぞれについて解説していきます。

Google Adsenseの広告ブロックを解除する

以下のように書かれている記事をよく見かけます。

Google Adsenseの広告は、ブロックしてカテゴリーを絞った方が収益UPする

実際私もそれらの記事を参考にして、広告のカテゴリーを絞ってブロックしていました。

しかしそれ以降、収益は上がるどころかどんどん下がっていきました。

そこである仮説を立ててみました。

ある分野に特化しているブログ → 広告は絞った方がいい
雑記ブログ → 広告は絞らない方がいい

 

ある分野に特化しているブログ

ある分野に特化しているブログは、来てくれるユーザの属性が絞られます。

例えば、プログラミングに特化したブログに来てくれるユーザは、プログラミングについて知りたくて来る人ばかりです。

そのため、そのブログで旅行の広告が表示されていても興味を持つ人は少ないと考えられます。

雑記ブログ

このブログのような雑記ブログの場合は、来てくれるユーザにも様々な属性があります。

特にApple製品についての情報や、物件探しの情報などは幅広い属性のユーザが見る可能性があります。

そのため、Apple製品の情報を探してやってきたユーザは、旅行の広告にも興味を持ってくれる可能性が十分にあると考えられます。

特化ブログでも絞らない方がいい場合もある

この考えであれば、例えば「日常生活の便利情報」に特化したブログであれば、やってくるユーザの属性はかなり幅広くなります。

そのため、このようなブログの場合、広告はブロックしない方がいいと考えれます。

つまり、「特化ブログであればブロック、雑記ブログならブロックしない」ではなく、ブログに来る人の属性に合わせてブロックするかしないかと決めるのがいいのではないかと考えてます。

仮説の検証をする

広告のブロックを全て解除したら、その次の日から少しだけ収益が発生しました。

(広告をブロックしてから、今までクリックによる収益発生は月0~2件ほどでした。)

たまたまこのタイミングだったのかもしれませんし、仮説が正しくてブロック解除の効果が出たのかもしれません。

それを確かめるために、ひとまずこれから1ヶ月このまま広告のブロックを解除した状態で運用していきます。

まとめ記事を増やす

先日、Apple Watchのアクセサリーについてのまとめ記事を書きました。

ありがたいことに、書いてすぐから記事へのアクセスがありました。

というのも、このブログへ来てくださる人の半分ほどがApple製品についての情報を求めて来ています。

そのため、それぞれ散らばったApple製品の記事を1つの記事にまとめたら、1人に複数の記事を見てもらえるのではないかと考えました。

その結果がうまく出てくれた感じですね。

このように、ブログに来てくれる人が求めている情報をひとまとめにすると、元々求めていた情報が書いてある記事に加えて、似たような記事も見てもらえる可能性が高いです。

まとめ記事を定期的に書く

これは1月にすることと言うよりも、今後続けていくことにはなりますが、まとめ記事は定期的に書くことにします。

また、後からまとめ記事として書くことを意識して、個別の記事を書いていくことにします。

まとめ:PDCAを回して改善を目指します

まとめ:PDCAを回して改善を目指します
 

仮説を立てて検証、その結果を分析して、次の仮説を立てる

いわゆるPDCAサイクルを回すことですね。

ブログにおいても、このPDCAサイクルを回すことが非常に大事です。

今後は、1ヶ月単位で実際にPDCAサイクルを回してみてどうだったのかの結果報告を収益報告と共に行っていきます。

実際に結果が出ている施策については同じように真似してもらえればいいですし、うまくいっていないものについては反面教師にしてもらえればいいです。

私と同じように、伸び悩んでいるブログ運営者の方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

2020年1月に行う施策
  • Google Adsenseの広告ブロックを解除して収益の変化を見る
  • まとめ記事を増やしてアクセス数の変化を見る