【実体験】在宅ワークのメリット・デメリット【エンジニア】

働き方
0

在宅ワークっていいことばかりに思えるけど、

実際どうなんだろう?

在宅ワークって聞くと、通勤しなくてもいいしメリットしかないのでは?と思う方が多いかと思います。

確かにメリットは非常に大きいですが、デメリットもしっかり存在します。

今回は、在宅ワークでエンジニアとして働いている私が、実際に感じたリアルな在宅ワークのメリット・デメリットについてお話していきます。

スポンサーリンク

在宅ワークのメリット


 

私が在宅ワークで働いていて感じたメリットは以下の3点です。

  • 通勤時間がない
  • 人間関係が楽
  • 時間に融通がきく

ではそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

通勤時間がない

在宅ワークで働きたいという方みなさんがまず一番に思い浮かべることがこれだと思います。

実際通勤時間がないというのは非常に嬉しいことで、始業時間ギリギリまで寝ることもできますし、今まで通勤時間にかかっていた時間で他のことをすることもできます。
通勤にドアツードアで片道1時間かかっていたとしたら、往復で2時間も自由な時間ができるのは非常に大きいです

また、体調が悪くて電車に乗るのが辛く、通勤がきつい場合でも、在宅ワークであれば通勤の必要がないので、仕事ができるので、体調不良による有給の消化頻度を下げることができます

人間関係が楽

会社で仕事をしていると、どうしても世間話をする機会があると思います。
仕事の合間だったりお昼休みだったりに会話はつきものです。

息抜きにはなっていいんですけど、人と話すことが苦手な人にとってはそれが地味に辛かったりします。

しかし、自宅で仕事をしていると、基本的にはチャットで、たまに電話で仕事に関することのやり取りを行うだけで、後は関わることがありません。

人と話すことが苦手だという方にとっては非常にありがたいですね。

スポンサーリンク

時間に融通が利く

ちゃんと仕事の成果さえ出せば多少の融通を効かせることができます。

例えば、途中で洗濯を干したり取り込んだりすることもできますし、朝ご飯を食べながら仕事を始めることもできます。
もちろん荷物の受け取りもできます。

これらは会社で仕事をしているとできないことなので、在宅ワークの大きなメリットになります。

ただし気を付けないといけないことは、全て自己責任というところです。
きちんと仕事の成果が出せるのであればいいですが、成果が出せない場合は逆に定時を過ぎても仕事を続けることになります。

在宅ワークのデメリット


 

逆に、私が在宅ワークで働いていてデメリットに感じたことについてお話していきます。
デメリットに感じたことは以下の3点です。

  • 残業がつかない
  • 成果を出さないといけないというプレッシャーを常に感じる
  • 不明点は基本的に自力で解決しなければいけない

では、こちらもそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

残業がつかない

会社で仕事をしていたら、会社にいる時間がそのまま残業になるため、残業代が割と簡単に付きます。
しかし、自宅にいる場合、基本的には定時で終わるように調整しなければいけません。

そのため、仕事が終わらなければ定時過ぎても仕事を続けなければいけません。
もちろんその時間は残業代が付きません。

会社によってはそういう場合でも残業が付くところもあるかもしれませんが、在宅で仕事をしているため、与えられた仕事を与えられた納期内で終わらなければ自己責任で何とかする必要があります。

私もエラーばかりでなかなか思うように仕事が進まない時は日付が変わるくらいまで仕事をしてました。(もちろん残業代は付きません)
会社から指示されて、残業をする場合は残業を付けることができますが、自分の能力不足による遅れなので、自己責任で進めていました。

重ねて言いますが、そういう場合でも残業代を付けてくれる会社も中にはあると思います。

しかし、

それだけ時間があるのに何で終わってないの?本当に仕事してたの?

って思われるのが嫌なので自己責任で仕事してました。

なので、正確には「残業が付かない」というより「残業を付けづらい」ですね。

スポンサーリンク

成果を出さないといけないというプレッシャーを常に感じる

こちらも上記と近い内容です。

「この日にする作業がここからここまで!」って決まっていればいいですが、実際そういうことはほぼないので、ちゃんと成果を出して、サボらずしっかり仕事をしてます!と会社へアピールする必要があります。

会社で仕事をしていれば、仕事をしている姿が見られるため特に気にする必要もありませんが、自宅で仕事をしていると、仕事をしている姿は見えず、仕事の成果のみが見られるため、その成果が出せなかった場合でも、その過程を成果として提出する必要があります

そのため、毎日やったことを全て書き留めて、それをまとめるという作業が必要なのですが、例えばエラー等で調べ物に長時間費やしてしまった場合などは、なかなか成果として提出しづらいです。
そのような場合、成果が出せるまで仕事が終われなかったりと、成果を出さなきゃいけないというプレッシャーに日々追われることになります

不明点は基本的に自力で解決しなければいけない

エンジニアなど技術的な仕事の場合、何かわからないことがあった際、基本的に全て自力で解決する必要があります。
会社で仕事をしていれば、わからない部分は割と気軽に先輩に質問したりとできましたが、自宅で仕事をしているとそういう訳にもいきません。

質問ができないということはないでしょうが、チャットベースのやり取りになることが多く、文章だとうまく伝えられなかったり、逆に答えがうまく理解できなかったりということがあります。

そのため、自力で解決する力が非常に重要になりますし、質問する場合でも質問の意図を正確に伝えるコミュニケーション力が必要となります。

これらのことは、こちらの記事で詳しく解説してますので、興味のある方はぜひ読んでいってください。

スポンサーリンク

最後に


 

実際に私が在宅ワークで働いていて感じたメリット・デメリットについてお話してきました。

私自身は、これらのデメリットも含めて、在宅ワークで働くことに満足しております。

しかし、中にはこれらのデメリットを見て、「残業代で稼ぎたいし、自分には合わないな・・・」と思う方もいるかもしれません。

在宅ワーク=メリットしかない!

なんてことは決してありませんので、

在宅ワークで働きたい!自宅で働けるのにデメリットなんてあるはずがない!

と思っている方、

ぜひ本記事を読んで、今後の働き方についての参考にしていだだけますと幸いです。

0

コメント