30代の実務未経験者が転職してプログラマになるために意識したこと

雑記
0

最近プログラマ、特にWeb系のプログラマを目指している方を多く見かけます。
かく言う私もその一人でした。

私もWebプログラマを目指してPHPをメインとしてHTML、CSS、Javascriptを勉強して、ポートフォリオらしきものを作ってと勉強と実績(?)を積み重ねながら転職活動に励んでました。
そして無事に内定をいただくことができて、現在はプログラマとして働いております。

今回の内定をいただくまでの半年間、結構な数の選考・面接を受け、その中で辛かったこと・勉強になったこと・不満に思ったことなどいろいろなことがありました。
(そのいろいろあったことについてもまた近々お話しようと考えてます。)

今回は、30代の私が実務未経験でプログラマを目指したきっかけや、内定をいただくまでのことについてお話していきます。

スポンサーリンク

筆者の経歴

まずは簡単に私自身のことについて触れておきます。

タイトルに実務未経験とは書いてますが、今まではネットワークエンジニアとして3年ほど働いてました。
(途中転職したり、無職期間あったりもしてますが)

Cisco社やYAMAHA社のスイッチやルータ等の設定をしたり、お客様先へ設置しに行ったり、トラブル対応したりとごく一般的なネットワークエンジニアです。

ネットワークエンジニアって、エンジニアと言っても結構泥臭いと言いますかパワー系と言いますかそういう感じ(?)があるんですよね。
何百台もあるルータの設定を全て手作業で行うとか、何百台分の設定を全て手作業で修正するとか。
現場にもよるとは思いますが、私がいた現場はそんな感じでした。

今後のことを考えてキャリアチェンジを試みる

非常に非効率的な作業をひたすら続けなければいけないことも非常に多かったですし、全国どこにでも機器を設置しに出張しないといけなかったですし、非常に暑い(寒い)環境下で作業することもありましたし、深夜作業もありましたし。

とにかく昔から引きこもりがちなインドア派の人間には非常に辛かったですし、今後もこれが続くとなると耐えられないなーって考えました。
体力ないのが致命的です。。。

そこで、こういうパワー系作業がないような仕事に就きたいとプログラマへの転職を決意しました。

プログラマを選んだ理由

物理的なパワー系作業がない職業の中でもプログラマを選んだのは、自分のスキルが直接給料に繋がると考えたからです。

スキルさえあれば仮に会社を辞めたとしても、最悪個人でもやっていけますしね。

あとはスキルさえあれば場所を選ばずに仕事ができるという部分にも魅力を感じました。
根っからのインドア人間なので電車に乗っての通勤が非常に苦痛です。

そんな感じの理由でプログラマ目指していろいろと動いてました。

プログラマとしてのスキルを身につける

大学生のときに初めてプログラミングというものに触れました。
C言語やJavaなどを授業で習い、なんて楽しいんだと。
自分で考えたように作って動かせるって素晴らしいって感じました。

ただ、その頃はプログラミングを仕事にしようだなんて微塵も考えてませんでした。
と言うのも、プログラマは残業だらけで給料も低くてめちゃくちゃきつい職業だという噂が非常に多かったので、プログラマとはそういうものだと自分でも思い込んでたのです。

ただ、今となって思うと、どんな仕事でも残業あるときはありますし、実際ネットワークエンジニアでも残業や休日出勤もありましたし、これはもう職業がどうとか言うよりも会社と運であると社会人続けていて理解しました。

そうなればあとは上記の理由によりプログラマになりたくて勉強してました。
プログラミングの基本は知っていたので、取っ掛かりとしてはそこまで苦労はしませんでしたね。

でもやっぱり知らないことばかりなので、ひたすら手を動かすことを意識してました。

とにかく手を動かして何かを作っているとわからないことが出てきて、それについて調べて知識が増えていきますし、こういうことができると自分の自信にも繋がります。

そうして自分ができることがあれば、それが面接時のネタになります。

実務未経験でも面接は受かる

「今まで○○を勉強していて、現在は○○、今後は○○ができるようになりたい」のように具体的な話をすることが大事です。

実際、勉強しながらで、多少プログラムが書ける程度のスキルしかなかった私ですが、面接自体はちょくちょくと受かってました。

もちろん全然スキル不足と言われることもありました。

でも自分の頑張りが評価してもらえて、今後への期待を込めて合格を貰えることもあります。

絶対にポートフォリオは作った方がいい

面接の際には実際に自分が作った動くものをポートフォリオとして持参していくと評価が多少上がります。

口だけじゃなく、ちゃんと手を動かしていることのアピールになりますし、プログラマの方がその成果物を見ればどの程度のスキルがあるかわかります。

一度、面接の段階で、「今の年齢でそれくらいのスキルだとうちじゃ厳しい」と言われたことがあり、その会社の内定は無理だとわかったので、今後に活かすため「実務未経験者の場合どういうところを見てますか?」と質問したことがあります。

その答えが「実際手を動かして何か作っているかどうか」で、その会社では成果物を持ち込んだ方が評価が上がると言ってました。

その話を聞いてから、人に見てもらうよう意識してポートフォリオ用サイトを作り、その上で何個かWebアプリケーションを置いて、面接の時もしくは書類選考の際に見てもらえるようにしました。

もちろんそのサイトを見てスキルが足りてないからお祈りされることもいっぱいありました。

というかお祈りされる方が多かったです(笑

でもそのおかげで、今後の努力の方向性がわかりますし、入社してからスキルに対するギャップを感じるリスクを減らすことができたりといいことばかりです。

とにかく、最低限面接を受ける前にポートフォリオ等の成果物は完成させましょう。

最後に

目標を持って手を動かしてポートフォリオ等の成果物を作る、これが実務未経験者がエンジニアとして転職するために最低限必要なことです。

あとは労働条件だとか環境だとかそのあたりとの相談ですね。

私の場合は内定をいただいても条件が自分の中とあわなかったりで結構長い間転職活動を続けてました。
(年齢的にもそろそろ落ち着きたいという気持ちがあったので慎重になってました)

でも、諦めずに行動し続けることで最終的には結構いい条件の会社に拾ってもらうことができましたので、これからエンジニアを目指そうとしている方や目指している方は、とにかく手を動かし続けましょう!

0

コメント