物件探し

部屋探しする時の内見の重要性【後悔することになります】

わざわざ内見に行くの面倒だな・・・

インターネットでしっかり調べたし、もうその部屋に決めてもいいのでは?

 
就職や転勤などで部屋探しをしている際、最近はSUUMOやHOME’Sなどの不動産検索サイトを使用する方がほとんどです。

そして、最近のその手のサイトには部屋の間取りや地図だけでなく、室内の写真や周辺の写真までしっかりとした情報が記載されていることが多いです。
そのため、サイトで調べただけでその部屋のことを知った気になってしまい、わざわざ内見に行く必要があるのかと疑問に思ってしまう方も中にはいるかと思います。

しかし、内見は絶対に行くべきです。

今まで引っ越しを10回以上経験してきた私が、部屋探しの時の内見の重要性について、経験を元に詳しく解説していきます。

調べただけで部屋を理解したつもりになってはいけない


 

先程も述べましたが、最近は部屋探しをする際、SUUMOやHOME’Sなどの不動産検索サイトを使用する方がほとんどです。
空いた時間に検索サイトを利用して、条件に合った部屋を探し、比較することができるので、非常に便利ですしね。

そうやってたくさんの部屋を見比べているうちに、それぞれの部屋の差を理解したつもりになってしまう方が多いです。

また、検索サイトでは検索した条件に合った物件の間取りや写真、設備や付近のお店情報が記載されてます。
その情報を見て部屋の雰囲気を知ることができます。

しかし、その情報からわかるのはあくまで部屋の雰囲気だけなので、注意する必要があります。

雰囲気がわかればそれで十分じゃない?

雰囲気だけで決めてしまうと、ほぼ確実に後悔することになるので絶対にやめた方がいいです。

内見の重要性を実感した私の経験談


 

私が実際に経験したことです。

以前部屋探しをしている際、最初はやはり検索サイトで検索して、いくつか候補を絞っていきます。
その時に、部屋の間取り・写真を見てすごく気に入った物件を見つけました。

4階建ての物件で4階の部屋でしたが、角部屋で部屋も南向き、駅もスーパーも近くて部屋も広いという好条件な物件でした。
その上家賃が予算よりも結構低いというお手頃価格でした。
その時点では、部屋が空いてたらここに決めようと考えてましたが、実際に内見してみたらその考えはなくなりました。

スポンサーリンク

実際に上ってみてわかる階段の辛さ

エレベーターがついていないので、4階までの上り下りが想像以上に辛かったです。

過去にエレベーターなしで3階の部屋に住んでいたことがあったので、1階分だけだったら誤差の範囲なんて考えてました。
しかし、その物件の階段の1段1段が結構高めな上に幅は狭かったので、思ってた以上に体力を消費してしまいます。
これを毎日繰り返すのかと思うとげんなりしてしまいましたね。

写真からではわからない部屋の暗さ

方角も南向きで、写真では部屋が明るく写っていたのですが、実際の部屋は天気が良かったのにも関わらずとても暗かったです。

そのせいか、部屋の雰囲気もあまり良く見えず、空気も籠もっている感があって綺麗ではなかったです。

その他設備など

壁が非常に汚れていて、窓が割れてました。また、扉の開け締めもスムーズに行うことができませんでした。

さすがに入居する前には対処はしてもらうことになるとは思いますが、どうしても印象が悪くなってしまいましたね。

スポンサーリンク

この経験から学んだこと


 

後から考えれば、その好条件で家賃が安いということは何か裏があるんだなという考えに至ります。
しかし物件を見つけた当時は、いい物件を見つけたことへの嬉しさで舞い上がってしまい、深く考えていませんでした。

そのため、それ以降は一度落ち着いて、何かあるんじゃないかという疑問を常に持ちながら内見に行くようにしています。
そうした心の準備をしてから内見に行った方が、ダメだったときのショックも少なくて済みますし、何よりしっかりと部屋の隅々まで確認して不安をなくすという目的を持って臨むことができます。

インターネットの情報だけではわからないことが多い

このように、検索サイトの情報だけを鵜呑みにして、内見せずに契約してしまったら後悔することになります。

いろいろな物件を比較できるので、たしかに理解したつもりになってしまいますが、それで満足してはいけません。
実際に自分の目で見て、空気を感じることが非常に重要です。

スポンサーリンク

最後に


 

このように不動産検索サイトで調べただけでは、わからないことが多くあります。
そのため、内見をするということは部屋を探す際非常に重要となります。

私は丸1日かけて内見して、納得いく部屋が見つからなかった場合は一旦帰って、また別の日に内見を1日かけてするようにしてます。
そのため、部屋探しというのは非常に時間がかかるものですので、早めから動くことも大事です。

日々忙しくて、なかなか内見に行く時間が取れない方もいるとは思いますが、心身ともに休めるための大事な場所なので、満足行く部屋を見つけるためにも、無理してでも内見には行くことをオススメします。



ABOUT ME
アバター
wynn
元々ネットワークエンジニアでしたが、残業と出張だらけの生活が嫌になり独学でプログラミングを勉強し転職。 現在は在宅ワークでプログラマとして仕事をしながら生きています。 >>詳しいプロフィールはこちら